2020年7月10日

物資補給 マウスとイクラ

ようやく沖縄に戻る日が来た。飛行機は13時なので、ゆっくりできる。チェックアウトまでに済ませることは、以下の三点だ。

  • 買い物
  • ブランチ
  • マウスの交換

ヨドバシカメラに行き、事情を話してマウスの交換を要請する。持ち込んだのはマウス本体のみ。店員は新しいマウスの箱を持ってくると、中からマウス本体を取り出して、私に手渡した。そして私のマウスを元の箱に収めた。

まさに等価交換。

五分もかからなかった。あとはこれが自宅で仕様通りの性能を出してくれることを祈るしかない。後日談ではあるが、ものすごく快適だ。最初につかまされたのは、やはり不良品であった。店頭だと交換が早くていい。amazonで買うと、沖縄なので交換にすごく時間がかかるのだ。

次に向かうは阪急百貨店鮮魚売り場。物資補給のためだ。魚介大好きな愛する家族のために、クーラーボックスを担いで生魚を漁りに行くのだ。

阪急百貨店 イクラをほぐすスタッフ

いくつかの魚やイカを購入。けいたま用に煮魚用のカレイも買った。沖縄では真カレイが手に入らない。輸入物の冷凍赤カレイしか売っていない。けいたまはカレイの煮つけが大好きだ。いくらも大好きになった。もちろん自家製だ。生筋子を買って家で漬け、48時間以上冷凍するのだ。阪急百貨店では、買った生筋子をその場でお姉さんがほぐしてくれる。これは助かると思ったが、沖縄に帰ったら若干つぶれていた。45度くらいの熱めのお湯でほぐせば簡単にバラせる。ぬるま湯ではだめだ。次回からは自宅でほぐすように徹底しよう。

こちらの記事もどうぞ: