2020年4月6日
ゆうたま

ゆつたま生後三カ月半 寝返りができた!

今日は朝からいろんなニュースがあった。まずはゆうたまが寝返りしたと妻から報告。まだ生後三ヶ月半なのだが、早くないか?けいたまのときは生後五ヶ月くらいだったと記憶している。

そして、長女のハルハルが無事に沖縄に着いたと、やはり妻から連絡があった。自宅で19歳年下の妹、ゆうたまと遊んでいたとのこと。ゆうたま大喜び。

ゆうたまとハルハル

妻がゆうたまを医者に連れて行ったところ、休みであった。木曜日はほぼほぼ医者が休診である。

一ヶ月ほど前から、気付くとゆうたまがうつ伏せになって唸っていた。生後三ヶ月半。まだ早いだろう。姉のけいたまが寝返りを打ったのは5ヶ月頃だと記憶している。一週間ほど前からうつ伏せの後に腕を抜くようになっていた。そして三ヶ月半の昨晩、ゆうたまを防水シートの上に寝かせ、夕飯の支度をしていた。

あれ?

ゆうたまの位置がズレている。ちょうど寝返りで一回転した辺りで、キョトンとした顔をしている。瞬間移動か?私の勘違いか?三ヶ月半だよ。まだ寝返りは無理だろう。元の位置にゆうたまを戻し、夕飯を食べ始めた。あー、ゆうたまがうつ伏せになり、唸っている。うん、これもトレーニングだ。訓練だ。頑張って一回転しよう。食べながらゆうたまを観察する。テレビでは劇場版のアンパンマン。お?うつ伏せになり、頭を上げて、体を傾け始めた。そうだ、そのまま背中から落ちるんだ。頭の中でイメージを描くんだ。頑張れ!

などと心の中で思いながら見ていたら、ゆうたまがコロンと転がった。

一回転だ。寝返りだ。

マジか!すごい!妻に話す。ゆうたまを再び元の場所に戻す。今度は妻もじっと見ている。先ほどよりも動きが滑らかだ。うつ伏せまでは何の問題もない。この一ヶ月、みっちりとトレーニングを積んだ成果だ。問題はここからだ。そう、頭を持ち上げて、さっきと同じように体を動かすのだ。頑張れ!

コロン。

一回転だ!妻もびっくり。

けいたまは妻の初めての子ども。私にも久しぶりの育児。泣いたらすぐにあやしていた。それが二人とも育児に慣れたせいか、ゆうたまは泣いても放置。赤ちゃんは泣くのが仕事だ、泣くのは運動だ、トレーニングだ。泣くことで体幹が鍛えられるのだと、割り切っていた。ゆうたまは泣き疲れて寝ることもしばしば。

確実に扱いが雑になっている。

そのせいなのか、ゆうたまはけいたまより身体の発育が早いみたいだ。生後一ヶ月のときに、ゆうたまが首を持ち上げようとして焦ったこともしばしば。二ヶ月頃には首が座っていた。

寝返りなんて、いずれできるようになるのだから、焦る必要なんて全然ないのだが、それでも赤ちゃんの成長が嬉しいことには変わりがない。次はハイハイだ。頑張って体幹トレーニングしようね。

泣かせっぱなしなだけなのだが。

朝、妻が燃えないゴミを出したのだが、回収されていなかったと落ち込んでいた。南風原町はゴミの回収が少なすぎる。燃えないゴミは月二回しか回収されない。おまけに木曜日は燃えるゴミと資源ゴミのダブルパンチだ。ゴミ置き場にはすべてを置ききれない。段ボールは一度に大量に出すなとか、いろいろうるさい条件がある。

実際のところ、段ボールや紙ゴミは、早朝にどこからともなくやってきた軽トラが勝手に持ち去るので、一度にどれだけ大量に出しても問題ない。ただ、資源ゴミは種類が多いので、ただでさえ出すのが大変なのに、燃やすゴミと一緒なのはきつい。一人くらい町議が、ゴミ出しの件を公約に入れてくれても良さそうなものだが。来月には町議選だ。

こちらの記事もどうぞ: