2024年2月23日
新宿 駅弁 売店

新宿駅 駅弁えらび バスタと5・6番線の利便性

冬の鬼怒川温泉へ

朝七時、雪の降る札幌を後にして向かった先は栃木県鬼怒川温泉。新年会である。羽田空港まで飛んでから新宿駅に行き、鬼怒川温泉行きの特急に乗るためだ。JRから東武日光線への直通特急ができてアクセスが便利になった。

新宿まではリムジンバスで西口まで行き、ランチを食べてから電車に乗ろうと目論んでいたのだが、飛行機が微妙に遅れて、リムジンバスだとランチを食べられそうにない。乗換検索アプリで調べると、京浜急行で品川乗り換えと指示されるのだが、重いカバンを持って品川で乗り換えるのは大変なので、モノレールで浜松町まで行き、山手線で新宿に向かった。

雪の新千歳空港と飛行機

わが青春の新宿駅

それでも新宿に着いたのは12時半。駅構内で食べる時間はあるのだが、新宿駅は駅ナカがダメダメな駅である。南口の階段を上がると、右手に立ち食い蕎麦店がある。

若い頃は新宿駅を軸として生活圏が形成されていた。飲むのも新宿、仕事も新宿。新宿駅に埼京線が乗り入れ、都庁もできた。高島屋が開店し、初台にはオペラシティが完成した。

新宿駅南口立ち食いそば

だからこそ、嫌という程、知っている。新宿駅南口改札の中には、立ち食いそばしかないことを。生まれてから今までに、この店で何食のそばを食べて来ただろうか。現在の店では食べたことがないが、昔は「あじさい」であったはずだ。今では構内にドトールもあるのだが、コーヒーを飲まない私には無縁の店だ。

ならば、何を食べればいいのだ。

立ち食い蕎麦は食べ飽きた。誰から助けてくれ。若い頃は確か伝言板にXYZと書けば助けて…

XYZ シティーハンター 新宿駅

あれ?

今も伝言板ってあったか?なんだこれ?

おお、シティーハンターの劇場版が公開されるのか!しかも、キャッツアイまでが特別出演らしい。昨晩、キャバクラで女の子に冴羽獠の話をしたばかりだ。何というタイミングだ。お茶の間に「もっこり」という形容詞を持ち込み、普及させた、偉大なる名作である。

駅弁えらび

そんなことより昼飯だ。ランチだ。やはり店がない。だとすれば、惣菜か、駅弁か、それが問題だ。東京駅ならば駅弁を買う気にもなるが、新宿で買うとなると、何があるのだろうか。とりあえずのぞいてみよう。

年配向け、とでも呼べばいいのだろうか。

新宿駅 駅弁

魚介系。北海道で散々食べたからいらないや。

新宿駅 駅弁2

焼肉系。知人の百田さんがいたら、迷わず牛肉どまん中を買うのだろうな。あの人、血液検査でha1bcがありえない数値を叩き出したくらい、炭水化物好きだもんな。

新宿駅 駅弁

幕内系。そうですよね、オーソドックスですよね、定番ですよね。

新宿駅 駅弁

おにぎり、押し寿司、カツサンド。うーん、違うなあ。

新宿駅 駅弁

ああ、キン肉マン

キン肉マンシリーズかあ。しかも大人向け。最近のガキがキン肉スグルを知ってるのだろうか。そういえば最近、山手線で筋肉超人ラリーのイベントをしているな。ロビンマスクにテリーマン、ウォーズマンなんて、誰がスタンプを集めるんだ?まさか同世代のおっさんたちなのか。キン肉マン消しゴムで盛り上がった年代なのか。そういえば、冴羽遼もキン肉スグルも声は神谷明じゃないか。こんなところにも共通項が?!

キン肉マン弁当

後日、渋谷駅で答えを見つけた。スタンプを集めていたのは、やはり同世代であった。

ナチグロン 渋谷駅 スタンプラリー

さて、何を食べようか。

実は最初に一目惚れならぬ、気になった弁当があった。きざみわさびで食べる にいがた和牛焼肉弁当。牛肉にわさび。もはやステーキでは鉄板の組み合わせである。なんだか期待できそうではないか。箱を一つ取り、レジに向かった。

バスタと5・6番線の利便性

昼飯も調達したことだ。次は電車の待つホームに向かう。特急きぬがわは6番線とある。このホームだけは、他のホームよりも南側に位置している。そう、バスタの真下に位置するホームなのだ。リムジンバスとの乗り換えが非常に楽なのである。

新宿駅5・6番線 電光掲示板

やばかった。

新宿駅西口行きのリムジンバスに乗っていれば、相当な距離を歩くことになっただろう。電車で新宿にたどり着いたので難を逃れたが、バスタ行きのリムジンバスならば、時間を無駄にすることもなかったかもしれぬ。この知識と経験は無駄にせぬぞ。

こちらの記事もどうぞ: