ブーゲンビリア
沖縄 花の写真

沖縄の春の花

泡盛ストレート一気大会

岩見沢商工会議所青年部創立30周年の祝宴に参加した。会場は私の好きなホテルサンプラザ。テーブルに置かれた乾杯用グラスに入っている透明な液体が気になった。北海道だから日本酒だろうな。乾杯の挨拶が始まった。グラスの中身の説明を聴いて耳を疑った。

泡盛?しかもストレート?

ちょっと待て!

沖縄では泡盛ストレートを乾杯で一気とか、マジありえないんですけど。かんぱーい!じゃねえっ!おいおい飲むな、死ぬぞ!さすがに北海道のホテルでは泡盛の取り扱いが分からなかったらしい。これで撃沈した参加者が少なからずいたそうだ。後日、数名から私に自己申告があった。私も二次会で散会した。

ちなみに泡盛の正体は琉球王朝。沖縄ではメジャーな宮古島の酒だ。これを祝宴に持ち込んだのも宮古島の人間らだったが、彼らも乾杯のストレート一気にドン引きしていた。居酒屋の一気ではない。200名ほどが乾杯で一気したのだ。これで泡盛の評判が悪くならなければいいのだが、心配になってしまう。ちなみに、個人的におすすめの泡盛の呑み方は炭酸割だ。もちろん強炭酸だ。首里の義父も同様の飲み方をする。祝宴でふるまったらかなり好評だったが、それはストレートを飲んだ後に口にしたせいかもしれない。

けいたま、パパだよー!

翌日は朝に千歳のイオンで食材を仕入れ、国内最長の札幌ー那覇便で沖縄に戻る。ほぼ成田ー北京と同じ距離だ。飛行時間は四時間。なかなか長い。これだけ長いと到着が早まったりすることも少なくないが、那覇空港は日本屈指の混雑空港だ。上空で30分ほど待機させられることもざらだ。それが、今回はすんなりと定刻より20分ほど早く着陸できた。

空港からの帰りに、くがに市場で買い物を済ませ、帰宅してけいたまの食事の準備を済ますと、実家に迎えに行く。十二日ぶりの再会だ。けいたま、私を見るなり抱っこをおねだり。くっついて離れない。面倒を見てくれていた義母が言う。

「見て、この笑顔。私たちにはしないわよね~。」

義父と義母、そしてなにかとけいたまを遊びに連れて行ってくれる義妹らに感謝するとともに、けいたまに申し訳なく思う。

自宅に戻り、作っておいたカレイの煮つけ、ゆし豆腐の汁物をけいたまに食べさせる。お魚好きだ。ものすごい勢いで食べる。ここ数日、保育園でも実家でもあまりご飯を食べないと心配されていたのが嘘のようだ。翌朝もたくさん食べて保育園に歩いて登園。天気が良くて気持ちがいい。けいたまは私の顔を見てニコニコしてる。ところがけいたま、この日の夕食はあまり食べなかった。就寝後、明け方に起こされてミルクを飲むという。おむつを交換する。何かおかしい、昨晩から咳が止まらない。思えばこれが前兆だった。

沖縄の春

けいたまと一緒に保育園まで歩く道には、沢山の木々が生えている。ほとんどが住宅の庭だ。果樹も多い。ドラゴンフルーツ、アセロラ、シークァーサー、バナナ、スターフルーツ、カニステルなどなど。熱帯系の植物も多く生えている。

エンゼルウイングジャスミン

エンゼルウイングジャスミンの花。あちこちにジャスミンの花が咲いている。実は初めて見た。内地ではジャスミンなんて生えるのだろうか。妻に話したら「春だね。」と言う。桜で春を感じることはあるが、ジャスミンで春を感じたことはない。そもそも沖縄の桜は二月初旬に咲くが、これで春を感じることもない。

カニステル

カニステルの実。道の駅や農協で売ってるのを見たことはあるが、なってるのは初めて見た。これは畑ではない。通りがかった家の軒先だ。食べるのだろうか。

シークワーサー

シークァーサー。熟すとみかんのような色になるのだな。数日前に格納庫から見つけた、妻がもらってそのまま二ヶ月以上放置されて腐ってしまったシークァーサーも同じ色をしていた。

アロエの花

アロエの花。まだつぼみだ。咲くと先端が真っ赤になるらしい。来週には咲くだろうか。

琉球松

琉球松の花。まっすぐ上に伸びる、若葉のような明るい緑がまぶしい。

ハイビスカス

ハイビスカスも元気よく咲いている。青と緑と赤のコントラストが美しい。ザ・沖縄と言った風景だ。ブーゲンビリアもまさに百花繚乱。咲き乱れるとはまさにこのこと。これから11月くらいまで花が咲く。

ポインセチア

ポインセチアは赤くて可憐なイメージが強いが、元々はメキシコ原産の熱帯植物だ。沖縄では別の種ではないかと思うような元気さだ。情熱的な赤が空と雲に生える。

これから12月まで、いろんな花や果実を楽しむことができる。これも沖縄に住んでいるから楽しめること。けいたまと手を繋ぎながら、妻と一緒に歩きながら、植物を愛でるのはとても幸せなのだ。人のものばかりだから他力本願ですけどね。自分は子供の世話で手一杯です(汗)