2020年7月10日
長安刀削麺 麻辣刀削麺

東京都港区 内幸町駅 長安刀削麺 麻辣刀削麺

内幸町ランチ

東京出張の際は浜松町の社宅に泊まるのが基本なのだが、使えないときは新橋のホテルに宿泊することが多い。それも西新橋だと飲食店が多くて便利である。駅もJRだけではなく、都営三田線が使える。私には便利なバスも走っている。そして、本日も新橋に宿泊した。内幸町駅も近い。

午前中はホテルで仕事を済ませ、午後からの出社である。朝食を食べていないので、ブランチとしゃれこむことにした。さて、なにを食べようか。

西新橋界隈には中華料理店が多いのだが、嬉しいことに大好きな刀削麺が食べられる店がいくつもある。先日は西安(Xi’an)でランチを食べたので、今回は別の店に行くことにした。

長安刀削麺

日比谷通り、新橋三丁目交差点を虎ノ門方面に曲がり、しばらく歩いたところで細い路地に入ると店があった。

店舗外観

ネットには11時開店と記載があった。営業中の札も下がっているが、日替わり定食の案内はまだ隠されたままだ。入っていいのか躊躇するが、気にせずドアを開けてみた。

メニュー

店内には客がいなかった。さて、なにを食べようか。メニューに目を通す。まずは刀削麺メニューだ。やはり一押しは麻辣刀削麺であるか。

刀削麺メニュー

一応、定食のメニューも見てみる。青椒肉絲、麻辣豆腐、麻婆豆腐、回鍋肉、蝦炒飯。んー、チャーハンにもライスが付いてくるのだろうか。

定食メニュー

やはり初心貫徹で麻辣刀削麺にする。

店内

開店したばかりなのだろう。店の中はまだ準備中の様子だ。定員が中国語で声を掛け合っている。懐かしい、巻き舌が特徴の北京あたりの人の発音だ。テーブル上にはれんげに小皿、箸が置かれているだけだ。

テーブル

15分もすると客席のテーブル上に置かれていた荷物が全てなくなり、従業員が全員がフロアからいなくなった。

店内

麻辣刀削麺

私の刀削麺が運ばれてきた。パクチーの香りがスーッと鼻に入ってくる。鼻腔をくすぐる。ああ、やはりシャンツアイ(香草:パクチーの中国名)はいいなあ。店員が私の眼前に麻辣刀削麺が入った丼を置いた。

麻辣刀削麺

あれ?

そういえば、注文時に「パクチー入れますか?」とは聞かれなかったぞ。私は問題ないが、日本人の8割が残念ながらノーパクチー派である。この店では真っ白いもやしがトッピングされている。パクチーの緑、麻辣スープのオレンジとのコントラストが見た目にも美しい。

麻辣刀削麺

まずはスープを一口飲んでみる。驚いた。しっかりとコクがある。肉の出汁が効いているのだろうか。他店ではスープにコクと旨味が不足気味で、少々不満だったのである。

刀削麺

刀削麺の厚みもほぼ同じだ。ネットには「麺がぼそぼそで粉っぽい。」と書かれていたがそんなことない。つるっとしてスープがよく絡む。他店では厚みがバラバラで、薄くてペラペラの麺からぶ厚くて硬かったり、その上、長かったり短かったりと、麺の規格がバラバラなので食べにくいこともあるのだが、この店では麺の削りだし具合が均一に近い。安心して食べられる。

うーむ、今まで食べた麻辣刀削麺の中ではピカ一だな。

デザート

メニューには書いてなかったが、最後にデザートが付いてきた。中華料理店では定番の杏仁豆腐だ。コッテリとした麺を食べた後に、清涼感で口の中がさっぱりとさせる。

杏仁豆腐

ごちそうさま。少し物足りないが、これくらいがいいのだろう。満足いくまで腹いっぱい食べるような年齢ではない。

次回もまた食べに来たい店だ。

こちらの記事もどうぞ: