2020年7月12日
そいのカルパッチョ

北海道 札幌駅 番屋ダイニング ねむろの蔵 おひょうフライ

番屋ダイニング ねむろの蔵

北海道は広い。だが、なんと言っても海産物の宝庫は道東と呼ばれる北海道東部なのだ。紋別、網走、根室、釧路。オホーツク海から太平洋にかけて、好漁場があるのだ。カニが獲れるのも、ウニが獲れるのも道東だ。根室からとれとれの鮮魚を持ってきて店で出す。ああ、ここか。

店外メニュー

店頭メニューだ。生ガキフライ、赤ホヤ刺身、ソイ刺身に花咲かに甲羅詰めが一万一千円!?しかし今夜はコース料理だ。私の個人的な欲求など、何も考慮してもらえないのだ。私の気持ちなど入る余地もないのだ。

だからコース料理は嫌いだ。

席に着き、ハイボールを頼む。ビールは十分に飲んだ。ハイボールを早くよこせ!食いもんも持ってこーい!したっけ、こちとら腹が減って、イライラしとんじゃあ!

メニュー

店内メニュー1

店内のメニューに目がいく。なんじゃ、こりゃ?エゾシカメンチカツ、生牡蠣酢、帆立貝柱フライだと?

店内メニュー2

こちらには北海シマエビにエゾシカモモ肉串カツ。食べたい。食べたいよー!

イライラする。

コース料理

根室刺身盛合せ

まずは刺し盛りだ。うむ。食うぞ。タコ旨し。柔らかくてみずみずしくてコクがある。最近、世界的にタコの需要が増えて、値上がりしているという。そうなのだ、タコは美味いのだ。北海道のタコは特に美味いのだよ。クジラは馬肉にも似た味だ。にんにくが欲しくなる。サーモンとカツオはパスだ。花咲カニを食べるのを忘れてしまった。

無念。

そいのカルパッチョ

続いてはそいのカルパッチョ。これも美味い!レモンの酸味が淡白な味を引き立てる。刺身と間違って醤油をつけた女子がうまいとのたまる。まあ、それもありだろう。

焼き鳥盛り合わせ

焼き鳥盛り合わせ。これまた旨い。つくねは柔らかい。一味とわさびと塩をかけると、コクが増して一段と美味くなる。鳥串と豚串は君に任せたよ。誰か食べておくれ。

干物三点セット

干物三点セット。ホッケは嫌だ。子供のころ、散々食わされたので、食べたいと思わない。シャケも干物だと朝飯専用だ。酒のつまみにはならないよ。美味そうだけどね。

こいつは旨そうだな。コマイを食べる。ふむ、骨が硬くない。これなら丸ごとバリバリといけるな。癖がなくて一味マヨネーズとの相性もバッチリだ。いや、美味い美味い。

揚げ物

おひょうフライ

こいつも食べてみたかった。オヒョウという名前は馴染みがないのだが、実はフィレオフィッシュはこいつのフライだ。オヒョウだ。ただ外食チェーンのものは、輸入ものの巨大なオヒョウを使っていたはずだ。北海道産はそれほど大きくない。一口食べる。

しょっぱい。

身は柔らかくてサクサク揚がって食感いいのに残念。塩漬けでも揚げたのだろうか。

若鳥半身揚げ

メインディッシュだ。若鳥半身揚げ。見た目にもインパクトがある。食べてみると肉が柔らかくてジューシー。こちらは塩加減もバッチリ。美味いねえ。

腹がいっぱいだ。さすが北海道。コース料理もひとあじ違う。それでもあえて言おう。

ホヤが食べたかったと。

こちらの記事もどうぞ: