北海道札幌市 狸小路駅 えび天ラーメン・大通うどん・ごまそば しらん

飲み過ぎた翌日の朝食

昨晩は飲み過ぎた。八時間ほど飲んだ。一日の労働時間と同じだ。最後のキャバクラでは、誕生日のお祝いにとフルーツを出してくれたのはいいが、空っぽの胃に酒と果物。空腹に冷たくて爽やかな果実は、泥酔者には毒リンゴと化す。酸味がアルコールで荒れた胃を刺激する。当然の帰結として、気持ち悪くなる。余裕がなくなる。口数が減り、機嫌が悪くなる。

まずい。

早くここを離脱せねばならない。時間前に店を去ろうとする私に店の女性は何か粗相したのかと不安そうな顔をする。そんなことはない。私が辛いだけなのだ。一人になりたい、ホテルに戻りたい。トイレに行けばすべて解決するのは若者だけだ。五十路はすでに体力も限界だ。

そそくさと店を後にしてタクシーでホテルに戻る。部屋に戻ると速攻で便器でリバース。すべてが体外に排出された。胃の中は空っぽだ。もう何も出ないのに、吐き気は止まらない。数分で落ち着いたので、軽く水を飲んで眠りについたが、数時間後に再びリバース。何年振りだろう、胃液を吐くのは。少し血が混じってるようにも見える。マロリーワイス症候群だな。朦朧としながら、再び眠りについた。

グレイスリー札幌 海鮮丼

宿泊しているのはグレイスリー札幌である。この二ヶ月ほど、朝食を食べないようにしている。以前は必ず朝食付きで宿泊していたが、今は素泊まり専門だ。しかし、このホテルの朝食は別格である。食べない訳がない。9時頃になるとなんとなく胃が落ち着いた感じがしたので、朝食にスープカレーと海鮮丼を食べた。やはり美味い。体調が良ければもっと味を堪能できただろう。

飲み過ぎた翌日のランチ

単に飲み過ぎて体調が悪いだけなら問題ないのだが、どうも風邪をひいたようで、喉が痛く咳も出る。体も熱っぽくて節々が軽く痛む。強力な台風が関東に襲来し千葉県を蹂躙、その翌日から東京は35度だ。沖縄は31度。そして北海道は23度だ。涼しいというより寒い。秋物を着なければ風邪を引く気候に夏物で訪れたのだ。深夜はかなり冷え込んだろう。前日は15度まで下がったと言う。その上、にわか雨にやられたた。

風邪を引く理由がいくつもある。

大事をとって砂川への出張をキャンセルし、札幌で養生することにした。グレイスリーが満室のために、ススキノのアパホテルに移る。札幌駅前は、交通は便利だが食事が不便なのだ。幸い、気持ち悪くはないのだが、ガッツリ食べられる感じでもない。よくも朝から海鮮丼を食べたものだと感心する。

さて、消化のいいものといえばなんだろうか。うどん、お粥、肉なら鳥肉、魚なら白身、野菜なら豆腐や根菜類。ネットで調べてもピンとこない。自分の足で探そう。アパホテルに荷物を預けて狸小路を歩く。ラーメンばかりだ。焼肉はいらない。刺身は論外。酒は見たくもない。

食べられるものがない?

ドンキホーテの向かいのパチンコ屋の脇を歩く。ナナイロビルである。ふと、入口を除くと気になる貼り紙を見つけてしまった。

かしわたぬきラーメン紹介貼り紙

「かしわたぬきラーメン」

なにそれ?気になる。すごく気になる。そのまま引き寄せられるように店に近づいた。

えび天ラーメン・大通うどん・ごまそば しらん

まずは券売機で食券を購入する。かなりメニューが豊富だ。たが、かしわたぬきラーメンが見当たらない。焦る。あ、一番下に見つけた。本当に人気メニューなのか一抹の不安を抱えながら、一番奥のカウンターに座った。

券売機

目の前には定食のメニュー。え?どれも美味そうじゃないか!目の前の一品にだけ気を取られ、稚拙な行動に走っていたのか?

あま、落ち着け。

厨房

どう見ても立ち食いそばに毛が生えたような厨房だ。大したものではないに決まっている。ほら、中台(蕎麦の盛り付けをする場所のこと)てどんぶりを盛り付けている。私のに違いない。

天ぷらそば 盛り付け中

隣の客の天ぷらそば定食であったか…

今度こそ!

けっこう、ちゃんと手作りである。一品ずつ調理しているので、すぐに出てくるわけではない。生姜焼きのオーダーが入る。結構うまそうに感じる。

かしわたぬきそば 盛り付け中

わたしのラーメンはいつなのだ。お??丼が用意された。天かすを入れている。間違いないこれは私のものだ。

かしわたぬきラーメン

オーダーから6分後、ようやく私の前に現れた。さっぱりとしてそうな透明な醤油スープの上には天かす、ネギ、三つ葉、鳥肉そして中央にはおろし生姜。

かしわたぬき蕎麦

突然、昔の記憶が蘇った。ケンミンショーで紹介された岩内の天ぷらラーメンを妻と食べに言った時のことを。あれは厳しかった。本当に美味いのか?これを美味いと感じるのか?疑問しか残らなかった。ラーメンに天かす、同じ路線ではないか。

まあ、いい。食べれば分かる。

まずはスープ。熱々。熱すぎる。さっぱりした醤油ベースのスープに生姜が効いている。

かしわたぬき蕎麦 麺

続いては黄色い細めの縮れ麺。コシも伸びもある。そうか、天かすが背脂代わりか。これまた熱々で味がわからない。鶏肉は茹でただけだ。柔らかく、噛めば噛むほど旨味が滲み出てくる。何も足さない、何も引かない、素材の魅力をシンプルに味わえるのがいい。ときおり三つ葉の香りが鼻を抜ける。鶏肉との相性が抜群なのだ。

かしわたぬき蕎麦 鳥肉

離れた席の客が、店員からせいろを受け取っている。キラキラした麺がすごく美味そうに見える。生蕎麦を茹でているのだろうか。

最後まで熱々のまま食べ終えた。席を立って私が目にしたものは、この店の名物はまったく別物だと言うことだ。

・えび天ラーメン
・大通うどん
・ごまそば

メニュー説明

説明から想像するに、大通うどんとは伊勢うどんと同じではないのだろうか。エビ天ラーメンはまさに岩内のものだ。ごまそばは…八雲が有名だが、食べたことはない。そば粉にゴマを混ぜて打ったものだと記憶している。こちらのスーパーでも売っている。

次に食べることがあれば、蕎麦か定食にしてみよう。

こちらの記事もどうぞ: