2020年4月6日
赤ほや刺身

北海道根室市 旬魚旬菜 苑庭

美幌峠

北見市で食事を済ますと、根室まで一直線だ。美幌峠、弟子屈、別海、厚床と国道243号線を終点まで走り、国道44号線で根室に向かうのだ。途中、弟子屈でラーメンを食べようかと考える。

そう、弟子屈ラーメン総本店だ。

悲しいことに、もう若くはない。五十路の胃腸にランチ二食は負担がかかる。と言うか、お腹が減らない。そりゃそうだ。運転してるだけだから、カロリーが消費されようもない。腹が減っていたので、更來で大盛りを食べてしまったのも敗因の一つだ。

そこまで弟子屈ラーメンに未練はないものの、ではちょうど時間帯としてはおやつあたりになるだろう。道の駅スワン44で根室市民のソウルフード、エスカロップを食べるのはどうか。花咲ガニカップラーメンも売っていることだし、ソフトクリームでもいいかな。風蓮湖の風景が売りの施設だが、そちらは別にいいかな。なんて言うと、道の駅の運営者に怒られそうだ。

北見を出てからずっと北海道らしい雄大な景色が続く。麦畑はベージュ色に染まっている。昨年の秋にまいた麦が収穫の時期を迎えているのだ。

道中、食のことばかり考えていたら、美幌峠の標識が出てきた。ここには秋に来ることを検討してきたのだが、予期せずにしてきてしまった。数日前に、ニュースか何かで、この施設で体験できたVRの装置が何者かに壊されて撤去されたと報じられていた。ゴーグルを付けて景色を見ると、解説が風景に重なって見えたのだろう。コードを何度も引きちぎられて、ついに壊れたと書かれてきた。

美幌峠から望む屈斜路湖

せっかくなので、道の駅に立ち寄ることにする。建物から上の展望台に道が続いているが、一番高い場所は立入禁止となっていた。展望台の岩の上に乗って屈斜路湖を眺める。美しい。足元を見るとなかなかの高さだ。柵も何もない。足を滑らせたら死ぬだろう。高所恐怖症ではないが、足がすくみそうになる。早々と撮影して、岩から降りた。

展望台の後ろには美空ひばりの歌碑がある。

美幌峠を後にして、別解を目指す。この辺りになると、国道ではなく農道を通った方が近いとナビが指示する。あちこちに牧場を見ることができる。やはり、道東は水産物だけでなく、農産物も畜産も盛んなのである。食の宝庫だ。

道はどこまでもまっすぐだ。高低差もあまりない。平原だからこそ直線に作れるのだろう。北海道の特徴の一つだ。

結局、道の駅スワン44も通り過ぎ、根室市街を目指す。ホテルに着いたのは午後4時半だった。長い旅だった。

根室市 旬魚旬菜 苑庭

今日の会食は、根室市内でとても流行っている店だと言う。連れてこられた店は苑庭(えんてい)。

店頭のおすすめメニューに目を惹かれる。根室の素材を活かした無国籍料理にも思えるがらどれも美味そうだ。

店内に入る。眼前にテーブル席があった。我々は個室のお座敷に通される。夏が涼しい根室ですら、この日は30度を超えていた。暑がりの道民には耐えがたいらしい。店内にも熱気がこもっていた。

「冷房ないの?」

知人が店のスタッフに尋ねる。そもそも根室にクーラー付きの施設があるのか?石垣島で暖房付きの施設を探すのと同じくらい、珍しいだろう。

お通しの煮こごりが美味い。

さて、何を食べようか。本日のおすすめを見る。うーむ、どれも食べたいぞ。

まずはホヤ刺をわさび醤油でいただく。食感いい。臭みなど無い、磯の爽やかな香りにほやの旨味が口の中に広がる。

ああ、美味い。

根室市民は海産物の自慢をする割に、海のものをあまり食べない。子供の頃から食べているからか、食い飽きたらしい。私一人で食べてくれと言われる。

ホッキ貝刺身

ホッキ貝の刺身。これも食感よく、香り高く、口の中に広がる海の豊潤な香りと貝の甘み。北海道で生ホッキ貝を食べ付けてしまうと、内地の寿司屋で使われている輸入物のゆでホッキ貝など、とてもではないが食べられなくなる。赤くゆであがったホッキ貝は見た目はいいが、味は生にははるかに及ばないのだ。

おひょう刺身

オヒョウの刺身。初めて食べるように思う。フィレオフィッシュバーガーに使われる巨大なカレイだ。平均的なサイズは人間と変わらない。英国ではフィッシュアンドチップスとして食されている。味は脂が乗っているのに淡白。ふだん口にする、ヒラメともカレイとも異なる、独特な味わいだ。

根室市民がオーダーしたシイタケバター鉄板焼き。肉厚でジューシーなシイタケに、バターのコクが相まって美味い。香りが鼻腔をくすぐる。酒が進むなあ。ご飯にのせても美味いんじゃないかな。

エゾシカ肉レアかつ

エゾ鹿肉のレア串カツ。もともと鹿肉が好きなのだが、エゾジカを食べる機会はあまりない。赤身の淡白な肉がフライに合う。美味いなあ。

またもや根室市民ののオーダー、ザンギ。鳥肉の味が濃くて、味付けも良い。本当に海のもの食べないね。え?蕎麦サラダ?ラーメンサラダじゃなくて?そんなメニューあるのか。出てきた。一口食べてみる。たしかに蕎麦だ。蕎麦サラダだ。しかも美味い。写真撮るの忘れたよ。

サーモン握り。これは食べるんだ。え?私は腹一杯だからいいよ。

握り寿司。食べてって、腹がいっぱいだってば。え?俺、寿司食べないって?なんで頼むの?美味いから食えって…うん。食べる。美味いよ。でも、この時期、根室でウニ取れるのかい?ああ、北方四島産ね。

ご馳走さま。花咲ガニ食べたかったなあ。ないんじゃ仕方ないよね。11月にまた根室にくるんだからさ。

こちらの記事もどうぞ:

    豚丼

    潮太郎 札幌支店でランチ会議を予定していたが、工事のためにネットと電話が繋がらず、ランチの注文ができなかった。さっさと…

    カニ甲羅詰め

    札幌も今日は雪 「犬が人を噛んでもニュースにならないが、人が犬を噛めばニュースになる。」という言葉を思い出した。ここは…

    帯広 無双 刺身盛合せ

    十勝の大地に降り立つ 帯広市。北海道十勝地方の中心都市である。食料自給率1700%を誇るこの豊かな地は、明治時代に民間…

    ざんぎ

    狸小路の居酒屋 沖縄から札幌に来た。温度差が激しいが、防寒対策はバッチリだ。夕食の場を求めて狸小路を散策する。 さて、…

    〆鰊ギンギラ丼

    札幌大通ランチ ん昨晩はJALの機内で夕食をとった。せっかくの北海道で食事をする機会を1つ失ってしまった。なのでこれが…