2020年2月18日
ランチバイキング

沖縄県那覇市 小禄 美食屋 セルポア

ランチミーティング

インフルエンザも快気して、早速ハードスケジュールだ。朝から朝礼。その後、空港近くでランチミーティング。14時の便で中部空港まで飛んで、そこから岐阜の美濃加茂市へ。昨年の七月以来だ。18時半から会議。その後、懇親会。長い一日になりそうだ。社長は朝礼の後、東京へ。三時に東京で大企業の社長と会ってから岐阜に向かうということだ。

会社から車で会場の「美食屋 セルポア」へ向かう。ゆいレールの走る大通りから一本入った道沿いにある。

外観

駐車場は15台くらいだろうか。車を停めて店に向かう。

メニュー

あれ。まだ開いてない。オープンは11時半だ。少し早く着いてしまった。入口にはランチタイムの案内がある。大人1200円である。沖縄では少々値の張る金額だが、バイキングなのでこんなものだろう。もっと安いバイキング形式の店もないわけではない。那覇の消防署通りに一件あった気がするが、あれはもう食堂と言うか、給食と言うか、価格優先の方には喜ばれる店だ。

店内

店に入ると窓際の明るい個室に案内される。会食が目的なので、事前に予約されていたのだ。店内は落ち着いた感じで、清潔感がある。激混みすることもないので、少人数でも団体でも、落ち着いて食事をしたり、話をするには向いている。

ランチバイキング

バイキング1

まずは食事をしながらと言うことで、料理を取りに行く。なかなかメニューは豊富だ。ドリンクとデザートは料理とは別のカウンターに置いてある。料理には高価な素材は使っていないが、リーズナブルな食材を工夫したメニューが多い印象を受けた。なかなか食べ応えがある。

バイキング2

味付けもいい。おいしい料理がたくさんある。糖質制限してる人が食べ裸られる料理も少なくない。豚足や沖縄そばなど、地元ならではのメニューもいくつかある。これは観光客向けではなく、地元民が普通に食べるメニューなのだ。

バイキング 揚げ物

揚げ物なども充実している。バイキングなのに温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく食べられるよう工夫されている。とにかく料理の種類が豊富だ。一度にすべての種類を食べることはできない。ホテルのランチならこれくらいのメニュー数は珍しくないが、金額が倍以上はするし、うるさい。街中でこれならば十分である。

会食だというのに、結局、3回ほど料理を取りにいった。食事は満足だ。打合せもいい形で終わった。さあ、岐阜に向かうとしよう。

こちらの記事もどうぞ: