2020年7月8日
ちゃるそば ソーキそば中

沖縄県那覇市 栄町 ちゃるそば ~新世代沖縄そば~

沖縄そば専門店 ちゃるそば

久しぶりに出社した。今年2回目だ。朝礼の後、同僚と話をしていたら昼過ぎになっていた。会社では二百円で弁当が買えるのだが、注文していなかったので、外に食べに出た。

会社の近くにあるのは沖縄そば店とカフェ、ファストフードではないハンバーガー店。ふと頭に小辺銀食堂がよぎった。あそこの麺もうまかったな。もう何年も食べてない。行ってみるか。トコトコと歩き、栄町市場を目指す。

外観

10分ほどで着いた場所にあったのは居酒屋だった。食堂は無くなってしまったのか。食べられるラー油でブレークした店だったのに。仕方ない、別の店を探そう。栄町市場を売ろつく。夜はにぎやかだが、昼はお年寄りがメインだ。沖縄そばの店が探す。あった。

とりあえず店に入る。中では中国人客が食事を終えて帰ろうとしていた。

店内メニュー

さて、なにを食べようか。メニュー見る。よし、ソーキそばの中を頼む。店に内地人(ナイチャー)の二人客が入ってきた。壁を一瞥して、メニューが増えてるねと話す。どうやら常連らしい。

ソーキそば

そばが運ばれて来た。なんだこれは?きざみ昆布が載っているのも初めてだが、白ネギだ。個人的に思うのは!東日本は白ネギ文化、西日本は青ネギ文化だ。沖縄でも使われるのは圧倒的に万能ネギだ。白ネギはラーメンの薬味や中華料理くらいしか使わない。そんな白ネギが沖縄そばの上に載っている。

ソーキそば

斬新だ。コロンブスの卵だ。

まずはスープから。カツオの出汁が効いたあっさり。臭みがない。次に麺をすすふ。いたって普通だ。照喜名そばのような麺だ。昆布と白ネギが絡んでただの麺とは違う食感と味わいがする。

斬新だ。

軟骨ソーキ

軟骨ソーキと言うが、軟骨がないではないか。これはトロトロのコラーゲンだ。口の中で溶ける。

美味い。

かまぼこもノーマルではない。野菜入りだ。ヘルシーだ。沖縄そばには野菜がない。入れるのはネギかフーチバーくらいだ。「野菜そば」もありはするのだが、沖縄そばの上に野菜炒めをのせたものなので、せっかくの風味が飛んでしまう。これを解決するチャレンジなのだろうか。個人的にはこれもありだと思う。伝統をただ継ぐのではなく、内地の食文化とチャンプルー(混ぜる)させる、まさにこれぞ沖縄文化。(なのだろうか…?)

沖縄そばの麺

帰り際に見たジューシーの写真にも白ネギがのっていた。万能ネギが嫌いなのだろうか。

妻と一緒に食べに来たら、新しい発見があるかもしれない。栄町市場。ここには新しい沖縄があるのだと実感した。

こちらの記事もどうぞ: