2020年4月9日
喫茶 悠 ランチ

東京都港区 芝公園駅 喫茶 悠 ランチメニュー

芝公園駅 喫茶 悠

店舗外観

以前から気になっていた店があった。商店街から逸れた道をさらに入った奥まった場所にある喫茶店。ランチ営業しているようで、のぼりも立ててあるのだが、常にシャッターが閉まっている。何度か行ってみたが、いつも同じだ。

何のためののぼりだ?

喫茶 悠 ランチメニュー看板

いつも通る道からだと奥が見えない。反対側からたまたま通って分かった。入口は奥側なのだ。店が開いているのを確認した。ランチタイムは11時からと書いてある。

チャンスだ。

社宅に荷物を置いたら食べに行こうと決めた。

入口

店に着いた。ここぞ入口か。ドアを開けて中に入ると、カウンターの中に年配の女性がいた。一人ですと告げたものの、なんだか対応がおかしい。

「ランチ食べれますか?」
「え?お客さんですか?」

女性が驚いたような声を上げた。カウンターの席に座るように指示される。客に見えなかったのだろうか。

ランチメニュー

気を取り直して、さて、何を食べようか。メニューを見る。うん、悠ランチ八百円をセレクト。お得なように感じる。

「ランチ一つ。」

私の注文が復唱された。この店では単にランチと呼ぶようだ。

店内

バロック音楽がかかる店内は、古き良き昭和を感じさせる。息子さんと母親で切り盛りしてるようだ。息子さんは私よりも若いように見える。さらに観察して分かったのは、調理担当はお母さん、ホールと会計担当は息子さんであることだ。

悠ランチ

喫茶 悠 ランチ

ランチが運ばれてきた。さっそくいただくとしよう。イカフライは柔らかくて、薄い衣はさくさくである。ウスターソースが合う。エビもぷりっぷりだ。

イカフライとエビフライ

マカロニサラダは薄味で飽きがこない。大量なのでどうかと思ったがパスタサラダのようだ。玉子サラダも素材の味が凝縮して甘い。野菜もシャキシャキ。極薄のキャベツサラダは見た目にも食欲をそそるのだ。

マカロニサラダ

ハンバーグは手こねだ。見かけと違った。しっかりとした味わいだ。作り物や既製品ではない。ドミグラスソースと調味料で重厚な味を出すレストランとは違い、クセのない家庭的な優しい味わいだ。

ハンバーグ

ヒレカツ、サイズは小さいが肉が厚い。しっかりとヒレ本来の味わいを堪能できる。ひさびさにヒレカツを食べたと言う実感がする。見た目よりも食べ応えがある。

ヒレカツ

ご飯は柔らか目。見た目よりもボリュームがある。

二人客が入ってきた。私より年上だろう。二人ともハンバーグをオーダーした。

仕上げはプルプルゼリーだ。一口食べる。柚子か…いや、違う。苦味が弱すぎる、甘みが強すぎる。酸味はほどほどで爽やか。スウィーティーだろうか。正体はわからないが、これなら私でも食べられる。

店の外に木が生えている。大きな柑橘系の果実がたわわに実っていた。先ほどのデザートの正体はこれに違いないと一人で納得して店を後にした。

柑橘類の実

次回はハンバーグを食べよう。

こちらの記事もどうぞ: