築地魚河岸北田の鰆塩麹焼
グルメ 雑感

JAL ファーストクラス 朝食 羽田ー那覇

羽田空港への道

昨日は朝7時に家を出て東京へ。午後はずーっと会議。カッカしながら、だらしない人たちの対応について協議。世の中には、他人に厳しく自分に甘い人が多すぎる。理不尽である。

疲れ果てて社宅に戻り、さっさと晩餐を済ませて帰った。22時には寝たと思う。朝は5時起き。飛行機は9時前。さあ、どうしようか。

フライトに間に合えばいいのなら、浜松町を8時発のモノレールに乗ればいい。通勤ラッシュで激混みのあの列車に乗れば済む。たった一駅、天王洲アイルまでの辛抱だ。浜松町から羽田空港まで乗る人は少数派だ。

うーむ、ラッシュは嫌いだ。
人混みは嫌だ。

痛いし、苦しいし、人いきれで疲れてしまう。たった5分が永遠に感じられる。地獄だ。窓の外に手を伸ばせば新鮮な空気が吸えるというのに、窓を開けることもできない。なぜ自分からここに飛び込んでしまったのだらふか。などと現実逃避をしつつ、もっとスピード出さんかい、ゴルァ!!!と運転手を緊縛、ではなくて叱責したくなるのだ。

人混みは嫌だ。痛いし、苦しいし、人いきれで疲れてしまう。たった5分が永遠に感じられる。地獄だ。窓の外に手を伸ばせば新鮮な空気が吸えるというのに、なぜ自分からここに飛び込んでしまったのだらふか。などと現実逃避をしつつ、もっとスピード出さんかい、ゴルァ!!!と運転手を緊縛、ではなくて叱責したくなるのだ。

なんとか座って羽田空港まで行きたい。方法はなくもない。最も簡単なのは、タクシーで向かうことである。いや、さすがにそれはダメだ。金がかかりすぎる。ならば三田駅まで歩いて京浜急行に乗れば空いているかも、と思ったが、それも甘い。

昭和63年から平成元年にかけて、私は泉岳寺の会社に勤めていたのだ。バイトではあったが、スーツを着て出勤することが多かった。なんせ大手メーカーのでかいプロジェクトをバイトに丸投げという、とんでもない時代がバブルだったのだ。おかげで今があるのだから不満はない。

そう、泉岳寺は混んでいたではないか。朝9時出勤で、五反田から浅草線に乗り換えていたが、とにかくすごかった。あれが32年を経て変わっているとは思えない。当時よりも明らかに大きなビルが数多く立ち並んでいるからだ。

京浜急行もダメか。

ならば、早い時間のモノレールで空港に行ってしまうのはどうだ。社宅には水しかないが、空港のダイヤモンドプレミアムラウンジならば、ドリンクも食事もネットもあるから、仕事もできる。よし、そうしよう。そそくさと身支度をすませると浜松町駅に向かった。電光掲示板には6時58分発の空港快速と表示されている。

おお!これに乗りたい。

時計を見るとまさに今が6時58分。ホームに向かうエスカレーターの上方から、モノレールの発車音が聞こえてきた。

ああ、間に合わず。7時からはすべてが各駅停車だ。しかしこの時間だと余裕で座ることができた。どうせ座っていれば空港に着くのだ。混まなければ、どうということはない。

ようやく朝ごはん JAL ファーストクラス

伊豆半島 空撮

飛行機に乗り込むとすぐに眠ってしまった。気がつけば9時半。窓からは伊豆半島が見える。アテンダントはおしぼりを配り終えると、配膳を始めた。さあて、何が食べれるかな。

JALファーストクラスランチ

まずは、焼きばら海苔の味噌汁 をいただく。たっぷりのバラ海苔、食感が気持ちいい。

バラ海苔味噌汁

豚東寺煮 万能葱 赤卸し——赤おろしとはもみじおろしのことだろう——が見当たらない。言い換えると、豚ロース肉薄切りの豆乳しゃぶしゃぶ。さっぱりとして豚肉の旨味を堪能できる。万能ネギもさりげなく味をサポート、ほんのりした甘みがいい。玉ねぎだと甘すぎて豚肉の味を毀損するやもしれぬ。ちなみに東寺とは湯葉のことだ。昔は京都の東寺で作られていたためだ。豆乳料理まで拡大解釈するのかは分からないが、間違いなく湯葉ではない。

豚東寺煮  万能葱 赤卸し

黒胡麻蕗蒟蒻 赤パプリカ。ひらがなに直そう。黒ごまとフキにコンニャク、赤パプリカ添えである。ゴマの香りがほんのりと、しょうゆ味のシャキシャキしたフキと少量のコンニャク、みずみずしく赤が映えるパプリカで少しピリ辛。朝ごはんというより、酒のお通しに向いている。

黒胡麻蕗蒟蒻 赤パプリカ

築地魚河岸北田の鰆塩麹焼。焼き魚味の煮魚を食べているのようだ。、さわらの塩加減はちょどよく、臭みもない。旨味をしっかりと感じられるし、ご飯との相性もバッチリだ。まさに和食の朝ごはん。

築地魚河岸北田の鰆塩麹焼

しょうゆ味のコリコリした山くらげが 味に変化を与えてくれる。奈良漬にも似た小ナス辛子漬けと組み合わせても、違った味を楽しめる。

さつまあげ 山くらげ

さつま揚げは残念だ、ボソボソした食感で味わいもあまりない。いや、数日前に鹿児島で買った本場のさつま揚げを食べてしまったからだろう。スーパーで普通に売っているものを買って、焼いて食べただけなのになかなかのもので、家族にも大好評。けいたまもがっついていた。

サワラと山くらげ、サワラと小ナス、サワラと豚肉、充実した渋い脇役とのコンビネーションをふっくりんこが受け止める。口の中で様々な味わいが百花繚乱なのである。嬉しい、楽しい、大好きとくれば、まさにドリカムなのである。

フルーツ盛合せ

バラ海苔の味噌汁を飲み終えてフィニッシュ、あとは残党の掃討するだけだ。いわゆるデザートというやつだ。フレッシュフルーツはグレープフルーツ、アメリカンチェリーにパイナップル。実は私はグレープフルーツを食べてはならぬと医師から宣告されている。もしも食べると生命維持ができなくなり、細胞同士の結合が解けて内臓がドロドロに…などということは起きないのだが、血圧が下がるらしい。

いいじゃないか。

毎朝、グレープフルーツジュースを飲むようにして、血圧測定してみよう。人体実験だ。十分に下がるようなら薬を減らすこともできるのではないか。などと素人考えは危ないのでやめておこう。

まあ、一切れくらいなら食べても問題ないのだ。ほうじ茶を飲んでフィニッシュ。