2020年4月9日
カフェ 六花 ハンバーグカツ

島根県出雲市 カフェルーム六花

珍しく爆睡

私はホテルの宿泊が苦手だ。よく眠れないのだ。なので出張が長引くと辛い。寝不足になる。

ところが、今回の出張では毎日爆睡の日々だ。八時間以上も寝ている。いつもは夜中に何度も目を覚ますのだが、一度しか起きない。今朝も目覚めて時計を見たら、9時を過ぎていた。いつもより二時間遅い。ベッドに入る時間は変わらない。なぜだろうか?神々の集う場所だからなのか。

いや、静かなのだ。隣の物音がしない。ベッドがダブルで広い上に、寝心地がいい。自宅だと妻のイビキと歯ぎしりに、けいたまがベビーベットで転がって、手すりに身体をぶつける音で目が覚める。

そう言えば、実家も物音がしないので熟睡する。

来年には新しく家族が増えるので、寝室の構成を見直さなくてはならないと、妻も言っている。そのためにはダンボールに入ったままの、推定三千冊に及ぶコミックをどうにかしなければならない。他にも引っ越すときに断捨離したのだが、まだ足らない。どうしたものか。

出雲でランチ

そんなわけで、ホテルの朝食には間に合わなかった。メールとスケジュールをチェックすると、もう11時だ。今日の予定は13時から市民会館で会員総会、開会式だ。どこかでブランチを食べてぷらぷらと歩けば、ちょうどいいくらいに着くと考えた。

さて、何を食べようか。

まずはホテル近くの天ぷら屋に行くが、閉まっている。人がいる気配も無い。休みだろうか。

天ぷら屋

そのまま街中を歩く。さびれた商店街だ。飲食店もない。駅前通りを渡り、さらに市民会館に向かって商店街を進むと、ふと一軒の店が目に入った。

カフェ六花

昭和の香りがする。うん、こういう普段使いの店もいい。出雲の庶民らが食ってるものを試すのも悪く無いと、なぜか上から目線風に思いながらメニューを見る。

ハンバーグカツ定食。いいね。

出雲 カフェ 六花

ドアを開けると、中には夫婦と地元客が一組。完全に喫茶店だ。窓側の席に座る。テーブルゲーム機が置かれている。説明を読んだが、なんのゲームかわからない。とりあえず、インベーダーでは無い。うーむ。

店内

メニューをみる。サービス定食六百円。Aハンバーグ、Bチキンカツ、Cハンバーグカツ。ハンバーグもチキンカツも捨てがたい。両方食べられるのがいい。そうなると、ハンバーグカツピラフも捨てがたい。笹塚ロビンのカツピラフではないが、ハンバーグもチキンカツもピラフとは相性がいい。

メニュー

うーむ。

「ご注文は決まりましたか?」

おかみさんに尋ねられて、とっさに「ハンバーグカツ定食」と答えてしまった。凶と出るか、吉と出るか。

なかなか出てこない。ハンバーグを焼いてるのだろうか。手間がかかるのかな。10分ほど待っただろうか、運ばれてきたそれは、私が想像していたものと違った。まさに衝撃的。「ハンバーグカツ」とは、ハンバーグとチキンカツではなく、ハンバーグをカツにしたものだ。これはメンチカツでは無いのか?

ハンバーグカツセット

「コーヒーはいつ出しますか?」

おかみさんに尋ねられるが、私はコーヒーを飲まないので、お断りした。落ち着こう、まずは豆腐だ。冷奴の食べ方は、地方によって異なったりする。学生の頃、金沢大学の食堂で、豆腐にからしと醤油だったのも驚きだった。こいつは海苔とゴマに醤油。私の好みは絹ごしだが、木綿でも美味しい。天ぷらはなんの野菜かわからない。黄色いこいつは何だろう。

ハンバーグカツを食べてみる。おお、これは確かにハンバーグだ。メンチカツでは無い。卵焼きとドミグラスっぽいソースが合う。考えてみれば、ハンバーグにはつなぎにパン粉を入れるのだ。揚げて不味いわけがない。なるほど。これは目から鱗だ。

ハンバーグカツ

サラダの脇に福神漬けがちょこんと置かれている。ああ、やはり、ハンバーグカツピラフにするべきだったか?白飯よりも美味そうだ。どんぶり飯にはごま塩がかかっていたので、なおさらピラフにしなかったことが悔やまれる。

ご飯を少し残してしまったが、優しい味の定食に心が落ち着く。連日の外食で疲れた胃が、癒される気がする。次回があれば、迷わずにハンバーグカツピラフなのだ。

こちらの記事もどうぞ: