2020年4月9日
握り鮨

北海道岩見沢市 鮨の東龍

岩見沢で鮨を食べる

現在の岩見沢市は、いくつかの市町村が合併したため、かなり広域になっているが、街の中心部は岩見沢駅前を中心とすることに変わりはない。そこにはいくつもの鮨店があるのだが、私が行くのは敏鮨、初音鮨、鮨の東龍の3軒である。それぞれTPOによって使い分けている。

  • 一人で寿司をつまみたいときは敏鮨
  • 数人で会食したいときは初音鮨
  • 大勢のときや、ランチのときは鮨の東龍

この他にも鮨店があるのだが、行く機会がなかった。食べ歩きで店を回っているわけでもないので、機会があれば他の店にも行ってみたいと思う。

で、毎回思うことだが、岩見沢市内の鮨店のレベルは総じて高いと思うのだが、食べログの点数は低い。北海道の経済は札幌に極端に集中しているので、札幌から電車で30分も過ぎると、小樽のような観光都市を除けば、経済規模も人口も極端に小さくなる。外国人観光客など見かけたことがない。食べログのコメントを読んでみても、投稿している人は地元民中心のようだ。そうなると回転すしと比較すればコスパが悪いことになるだろう。ゆっくりと鮨を味わいながら酒を楽しむ人よりも、鮨だけ食べて帰る人もいるだろう。余所者からすれば、もっと点数が高くて然るべきと思っても、地元民の評価はおのずと価格志向となり、回転すしと大差ない結果となってしまう。

それに食べログの閲覧層は、食にそれほど金を使う人ではなさそうだ。超有名店を除けば、地元民のみが客層で、すこしお金のある、そう、50代以上を客層とする店は総じて食べログでは評価が低い。食べログに情報を投稿してるのは30~40代がメインのように見受けられる。それでは評価が偏るのは当然なので、食べログの点数が低くても、自分が食べて満足できる店ならばそれでいいのだ。ネットの情報を鵜呑みにせずに、自分の舌で確かめる。ITで飯を食ってきたからこそ、ITの限界もよく知っているつもりだ。

鮨の東龍

今回は6人でランチの予約。お座敷で会議をしながらのランチョンであった。

鮨の東龍 メニュー

さて、何を食べようか。

メニュー

メニューを見る。しかし、まだ全員がそろっていない。3人は少し遅れるとのことであった。仕方ない、つまみで刺身を注文して到着を待つ。ついでに漬物盛合せもオーダーする。

「酒があったらなぁ。」

三人の心の声が聴こえるようだ。しかし、会議中なので、ビールを頼むわけにはいかない。日本酒など、言語道断だ。

極上の刺身盛合せ

刺身がきた。

北海道岩見沢市 鮨の東龍 北海道春の刺身盛合せ

ぉぃ。

北海道岩見沢市 鮨の東龍 北海道 春の刺身盛合せ

これはやばいだろう。見た目にもうヨダレが止まらん。酒抜きでこれを食えと?!お茶だけでやり過ごせと?

拷問か。

待ち人来たらず。仕方がない、お茶でやり過ごそう。

「酒飲みたいですねぇ…」

ついに心の声が口に出始めた。危険だ。しかし、酒を飲むわけにはいかない。

北海道岩見沢市 鮨の東龍 北海道 春の刺身盛合せ

なんなんだよ!シャコは身がみっちりいて美味いし、海老はねっとり甘い。そして、カンパチ。昨晩も驚いたが、同じものだ。美味い。カンパチがこんなに美味いなんて、半世紀ほど生きてきたが、記憶にない。

すべてがうまい。

「あー、酒があればなぁ。」

私まで心の声を口にしてしまったではないか。ひどいぞ、北海道。何のうらみがあって、酒抜きでこれほどのレベルの刺身を食べなければならんのだ?!

とっとと来いよ!まだ来ないのかよ!刺身だけじゃ腹が膨らまないんだよ!会議をとっとと終わらせて、ビールだせや!

あ、来た。ようやく待ち人が来た。漬物盛合せ追加しますか。

漬物盛合せ

寿司を堪能

6人で予約していたのだが、あとから5人が来たので部屋が狭くなった。その上、彼らは食事を済ませてきたという。

マジか?!

まあいい、そしたらわさび巻き食べませんか?北海道の土わさびを細巻きにしたもので、なかなか癖になるんですよ。

「それ、いいですね。食べてみたいです。」

一人が言ったので、メニューにはないのだが、店の方にお願いしてみた。会議が始まる。腹が減ったので、最初にいた三人は握り寿司を注文した。

わさび巻き

わさび巻きが出てきた。あれ?これって、わさびの葉っぱだよ。おろしじゃないよ…でも、美味いや。皆も食べなよ。

握り寿司

北寄貝、うまっ!カニもカズノコも平目もうまうまー。これが会議中じゃなかったらなぁ。もっと味わえるのにいまいち味気ない。

それでも美味いわ。北海道、やるなー。

1時間半ほどで会議は終了した。店を出るときに、後から来た一人が話しかけてきた。

「あのわさび巻き、食べて見たかったんですけどね…」

席の位置が悪かったよね。次回、また食べようよ。秋にはまた北海道だよ。美幌だよ。

こちらの記事もどうぞ: