2020年4月6日
嵯峨谷 鬼おろしナス天そば

東京都 浜松町駅 嵯峨谷 鬼おろしナス天そば

JALダイヤモンドラウンジ

午後イチの便で羽田に向かう。夕方から東京支社での会議に出るのだが、食事のタイミングを逃してしまった。那覇空港のラウンジで焼きカレーパンをひとつ食べた。美味しいのだ。他のパンはどうでもいい。全国のJALダイヤモンドラウンジに置いてあるが、午前中はないことも多い。

JALダイヤモンドラウンジ 焼きカレーパン

一緒にパパヤースープもいただく。飛行機に搭乗して東京に向かう。機内のトイレに粋な計らいが。

JAL 機内トイレ メッセージカード

三度目の嵯峨谷

さて、浜松町についた。夜まで食事を待つのもなあ。東京での懇親会は飯が不味い。ささっと小腹を満たす程度の食事といえば、おなじみの立ち食い蕎麦しかなかろうもん。となると、消去法で通り道にある嵯峨谷に行くことになる。

三度目か。

今回は間違えないぞ。冷たい太麺を食べるのだ。

嵯峨谷 外観

午後四時というのにポツポツと客が入っている。

メニュー

さて、何を食べようか。

店頭の看板を睨むこと五秒。鬼おろしナス天そば。これしかない。食券を買って店に入ると、店員に渡して一番奥のカウンター席を陣取った。

数分で食券の番号を呼ばれる。カウンターに取りに行くと、ご自由にお取りくださいと書かれたツボが置いてあった。自慢のワカメとやらをもらうことにする。

鬼おろしナス天そば

さて、実食だ。蕎麦を一口。喉越しはイマイチだがコシのある麺、立ち食いでこれはなかなかのレベルだ。辛口のつゆと鬼おろし、太麺の蕎麦は相性良く、スルスルと腹に入る。しかし天ぷらが残念。ナスの味がしない。甘みがない。エグミだけが残っている。カリカリで唐揚げなようだ。あげすぎか?

蕎麦湯はそれほど濃厚ではない。ただ、私も鼻が詰まっているので、そのせいかもしれない。と思いながらも全部飲んでしまった。

嵯峨谷 蕎麦 クローズアップ

部分部分は美味いのだが、アイテムによってはダメで、他の立ち食いそばに比べて全体のバランスが悪い。他の店舗では食べたことがないので、この店すべてが同じとは思わないが、十割蕎麦の扱いはハードルが高いということか。富士そばは蕎麦粉四割と何かの記事で読んだ。

蕎麦湯ポット

まあ、いいや。今度は駅の大江戸蕎麦を食べてみよう。

こちらの記事もどうぞ:

    田舎からの帰省 早朝のいちき串木野市街を歩く。誰もいない。無電柱でタイル敷きの美しい町並みは、かつてのふるさと創生事業…

    浜松町の立ち食い蕎麦 社宅のある芝の商店街からは二つの駅にアクセスできる。近いのは芝公園駅だ。こちらには道すがらに飲食店…

    繋温泉を後にして、新幹線で東京へ。会社で打ち合わせを済ませたら、午後の便で沖縄に帰るのだ。昨晩は一人でまったりしたので…

    かき揚げ天そば

    ランチがモーニングだった罠 誕生日を前に体調を崩した。その後、回復したのだが、出張先で再びぶり返したようだった。 熱っ…

    更科布屋 浜松町店 野菜天せいろ

    世界貿易センタービル地下飲食街 まったりと沖縄で月末なのか週末を過ごした後、再び出張である。今回は東京で会議をして、徳…