2020年7月10日
浜松町 ワインコーナー トンテキランチ

東京都港区 浜松町駅 ワインコーナー トンテキプレート

ワインコーナー

午前便で那覇空港を出発し、羽田空港に着いたのは12時30分。預けた荷物もないので、飛行機を降りるとまっすぐにモノレール乗り場へと向かった。運よく空港快速に乗れたので、浜松町には13時に到着した。

ランチタイムである。

本日の会議は14時から浜松町駅近くの会議室で開催される。会社に顔を出すと食事をする時間が無くなるので、必然的に浜松町駅北口近辺で食事をすることになる。

うーむ。

ならば、地下ダンジョンが近くていいだろう。世界貿易センタービルの地下飲食店街のことを私は勝手に称している。

さて、なにを食べようか。

カレー、天ぷら、刀削麺、うどん、タイ料理、とんかつ、蕎麦などなど、いろんな店がある。刀削麺を食べようかとして、店の前まで来て、なぜか躊躇してしまった。別の店にしよう。そして惹かれたのがこの食品サンプルだ。トンテキ、ハンバーグ、トルコライス…いいねえ。

店頭ディスプレイ

メニュー

ロメスパなるもの一押しのようであるが、パスタは要らぬ。

店頭メニュー

ランチメニューを凝視する。ロメスパが何たるものかは知らぬが、ナポリタンを食べたいとは微塵も思わぬ。腹が減った。がっつりと米が食いたい、肉を喰らいたい。ハンバーグかトルコライス…いや、あさりのグラタンとトンテキのミックスプレート、これに決めた。

ランチメニュー

店内

店内はワインバーと言うより、ステーキ店と言った趣だろうか。木目調のクラシックな内装が年季を感じさせる。店内はカウンター席とテーブル席に分かれていた。もちろん、おひとりさまの私はもれなくカウンターに案内された。

カウンター席

ドリンクはセルフ。種類は豊富。烏龍茶を飲もうとして目についたのはリンゴ酢ドリンク。普段なら絶対に選択しないであろうチョイスに、なぜか心惹かれる52歳。うん、今日はこれにしよう。

セルフドリンクコーナー

あさりのグラタンとトンテキのミックスプレート

先に出されたのは自然な味わいのコンソメスープ。飛行機の機内で出されるスープのように後味が変に残らることがなかった。

コンソメスープ

カップをすすり始めた私の前に店員がプレートを差し出した。ランチタイムのスープは、メインが出てくるまでの時間稼ぎだと侮っていた私は、完全に不意を突かれた形だ。

さらに私を驚嘆させたのは、トンテキのサイズ。

ちっちゃ…

こんなものだったかも店外メニューの写真と見比べる。やはりご飯とのバランスが異なる。グラタンの容器よりも小さい。

気を取り直して、まずはサラダをいただく。みずみずしく、シャキシャキとした野菜の束をフォークに刺し、口に入れる。

しょっぱい…

野菜にはドレッシングがかかっていた。なんて味付けだ。減塩に努めた結果、今の私はかなりの薄味モードだ。昨日のランチは、お土産に買ったラーメンを作ったのだが、スープを説明書通りの量でお湯で割ったところ、塩っぱくて飲めたものではなかった。お湯で1.5倍に希釈したらまあまあイケた。

ああ、これならドレッシングなしで十分だ。

ロメスパ

ナポリタンはブヨブヨした麺で具は一切入っていない。素パスタとでも呼ぶのだろうか。しかも、ただの茹ですぎたパスタを、ケチャップかトマトソースで和えただけだ。幸いなことにこれはしょっぱくなかった。

ロメスパとグラタン

調べてみると「ロメスパ」とは「路面スパゲティー」の略。立ち食い蕎麦のごとく、すでに茹で上げられた太麵を炒めることで、調理時間を短縮したものらしい。

なんだかアメリカの缶詰ヌードルを想起させる。いや、かつて給食で食べたソフト麺…いやいやいや、あちらの方が美味かった気がする。

いずれにしろ、これを看板にする時点でおかしい気がする。ここは立ち食いの店なのか?正統派のレストランではないのだろうか。

あさりのグラタン

テーブルの上にはタバスコと粉チーズしか調味料が無い。胡椒すらない。グラタンには黒胡椒と決めている私の心情すら軽くねじ曲げる闇の力がこの店にはある。年季のなせる技なのだろうか。

再び気を取り直してグラタンを食す。クラムチャウダーをベシャメルソースで作ってチーズを載せ、オーブンで焼いた感じだ。軽めのソースがこのプレートにはピッタリの気がする。なんせトンテキが重いのだ。

トンテキ

では、本日のメイン、トンテキライスなのだ。厚めの肉をナイフで切り分け、口に運ぶ。

トンテキ

しょっぱ!!!!

なんだ、これ?塩辛を食ってるみたいだぞ?!醤油ベースのキレの良いソースは味付けは申し分ないが、私にはしょっぱすぎだ。おまけにステーキがぬるい。焼き立てではない。ランチタイムだから仕方がないのか。もっと熱々のジュージューいってるトンテキを出すべきではないのか?

塩気がたっぷりの死海の浸った肉をサルベージし、防波堤となって茶色に染まったご飯を、汚染されていない純白の飯とにより分ける。

ランチプレート

塩で濃厚に汚染された区画は申し訳ない。MOTTAINAIで身体を壊しては元も子もないのだ。食材には何の罪もないが、すべて店の味付けが悪いのだよ。

ああ、どうして日本人はこれほどまでに高い塩分濃度を求めるのだろうか。塩は半分で十分だ。そして、この店は永遠に私の中で記憶されるだろう。ぶよぶよパスタの塩気MAXと。

次回からはパスしよう。

こちらの記事もどうぞ: