2020年4月9日

東京 大門 喫茶カロライナ

久々の通勤ラッシュ

若い頃は埼玉から渋谷まで通勤していた。東武東上線志木駅から京王線笹塚まで。池袋までもかなりの混雑だったが、池袋から新宿までの埼京線はさらなる混雑だった。まさに殺人的。

成田から浜松町まで電車で一時間半。6時19分発の特急ならそれほど混んでいないだろう。浜松町に着くのも7時38分だ。8時を過ぎなければ、大して混んでいないと思うのだが、果たしてどうだろうか?

6時すぎに成田駅前のホテルをチェックアウトし、エスカレーターで京成成田に向かう。まだ10分前なのにすでに並んでいる人が少なくない。すぐに電車が入線してきて、シートは満席となった。

少し舐めてたかな。

電車が発車すると15分ほどでものすごいラッシュとなったが、船橋で大勢が降りて一段落。その後も人が乗ってくるが、大門に着いた頃には車内はそれほど混雑していなかった。

さて、朝食をどうしようか。

地上に出るといい天気だ。林立するビルの間から覗く青空が眩しい。いつもなら立ち食い蕎麦なのだが、朝が早かったせいか、だいぶお腹が空いているので、がっつり食べたい。ネットで調べると、カレーの有名な喫茶店があるようだ。おお!ちょうど今日借りるレンタカー店の隣ではないか。しかも9時開店と書いてある。日差しの強い中を歩く。おー、これか。出前もやってるんだ。あれ?

開いてないやんけ。

仕方なく、大きなカバンをゴロゴロと引きながら社宅に向かう。青空に大門と東京タワーが映えて美しい。

50分後、リベンジだ。今度は開いている。やはりビーフカレーイチオシだ。

喫茶店のビーフカレー

店に入る。まだ客は誰もいない。アメリカンオールディーズが流れる、少し暗めの店内。昭和だ。女将さんというのか、ママさんというのかも、かなり高齢の方だが、シャキシャキと一人でフロアから調理場まで担当している。しかし、水色と白のメイド服は、ちと無理があるんじゃないかな。

カレーをオーダーしトイレに行く。店外にあるというので、カウンター横のドアから出て、三段ほど階段を上るとトイレがある。用を足してドアを開けると、今度は全身白のファッションで固めた、年配の女性がいた。店内から声がする。

「ママ、これ、どうしますか〜」

ママが別にいた。

席に戻ると、すでにカレーがセッティングされていた。早速いただくとしよう。コクのある中辛カレーはビーフシチューのよう。具は完全に煮込まれていて、口当たりは滑らか。あっ、辛さが引く。辛口だ、これ。よく見るとルーには肉のかけらがいくつも入っているが、口に入れても食感がない。スプーンで潰すと、まったく力がいらない。ご飯よりも柔らかい。相当煮込んでるのだろう。

食べ進む。うん、ご飯だけでなく、ルーのボリュームも十分だ。

付け合わせのサラダではなく、食後のフルーツが付いてくる。盛りだくさんだ。アメリカンなのだ。

喫茶店のカレーなんて食べたのは久しぶりな気がする。学生時代、小金井の野川公園の近くに、小さな喫茶店があった。その頃はまだコーヒーを飲んでいたような気がする。あの店のカレーもうまかったなぁ。まだあるのだろうか。機会があれば、探しに行ってみよう。

さて、これからレンタカーを借りて娘を迎えに行くか。今日は1日デートなのだ。お父さん、頑張っちゃうぞ。

大門 喫茶 カロライナ(食べログ)

こちらの記事もどうぞ: