2020年9月25日
飛び火 乳児

けいたま 飛び火になる ~格闘6カ月の始まり~

妻から連絡があった

「日曜日にけいたまが足をかゆがって、いっぱい掻いたら液が出てきて、足がすごく腫れてるので、医者に連れて行く。」

けいたまは乾燥肌で暑がり。足首の皮膚が荒れてしまうので、風呂上りには保湿のために蜜ろうを塗っている。それがひどくなったのかと思ったのだが、医者で診断された結果は「飛び火」。子供がよくなるやつだ。

原因はブドウ球菌。水ぶくれができて、そこを掻いて破ると、漏れた液には菌がいるので、汚れた手で掻いたところに菌が伝染してどんどん広がっていく。飛び火のように寝てる間に伝染されることからこの名があるそうだ。

この日は東京に行き、会社の役員会をいつもの香水亭でランチをしながら行う。安定した旨さだ。だが、ご飯を食べ終えてからちりめん山椒を持ってこられても困る。糖質制限してる人間でも、ちりめん山椒だけを食べることはしない。塩分過多になる。

役員会を終えると、羽田から沖縄行きの飛行機だ。那覇に着き、自宅に戻る。実家に泊まっていた妻も家に戻っていた。私が妻の車のキーを持ったまま出張に出てしまった。キーは二つあるのだが、一つが行方不明だ。妻が義母に渡したのだろうと思い込んでいたのだが、義母は預かっていないという。そのために妻は車を使うことができなかった。

翌日、何とは無しに私が紙ゴミの詰まった紙袋を漁ったら、キーが出てきた。

けいたまがイタズラしたな。

飛び火は思ったほど酷くなかった。ネットに転がる画像は酷いものが多くて、とても心配だったのだが、ああそうか、ネットに転がっている画像は重症例ばかりだ。二歳児の新陳代謝は激しい。傷もすぐに治るだろう。

という考えが甘かったことを後に知ることになろうとは、このとき予想だにしていなかった。

こちらの記事もどうぞ:

    テレビを見るゆうたま

    「けいちゃんが吐いた。」 なんだか妻が傷んだ食材で作ったものを食べさせてしまったようだ。土曜日の夜に食べたものをすべて…

    けいたまとゆうたま

    出張から戻ると、ゆうたまのヘッドガードが届いていた。正確には二日前には荷物が着いて、さっそく妻がゆうたまに装着させたと…

    翼と青空

    長崎から自宅に戻り、一泊の滞在。たかが一泊、されど一泊。日曜日なので、けいたまたちはおうちにいた。妻と一緒に空港まで迎…

    ゆうたま生後二週間

    妹のゆうたまが家に来て二週間。今までお姫様扱いされていたのにライバルが出現して、けいたまは面白くない。特にママはおっぱ…

    ゆうたまミルク

    昨晩、遅くに妻から連絡があった。 「実家でゆうたまがミルクを飲んだら吐いたの。その後も、何度も吐いてるの。」 熱はない…