2020年7月10日
タンカーユーエー

タンカーユーエー ~満一歳の誕生日~

満一歳の誕生日に将来を占う

沖縄では満一歳の誕生日に将来を占う慣習があります。これを「タンカーユーエー」といいます。「満一歳の祝い」という意味らしいです。調べたのですが、「ユーエー」は「祝い」のことだとわかるのですが「タンカー」は正面とか真向いという意味。満一歳がどうして「タンカー」なのかわからずじまい。

方法ですが、仏壇の前にアイテムを並べて子どもに選ばせます。最初に何をつかむかで将来を占います。三番目まで選んでいいとか…(^^; 並べるアイテムと意味は次のとおりです。

本:役人になる。琉球王朝は官僚国家だったからでしょうか。いまでも公務員志望は多いですけどね。沖縄では公務員は富裕層ですから。
筆:本に同じ。
赤飯:一生食べ物に困らない。
お金:お金持ちになる。
そろばん:商売上手になる。
ハサミ(女子限定):裁縫上手になる。
ボール(男子限定):スポーツ選手になる。

ボールは明らかに現代に追加されたものです。スポーツが盛んな沖縄らしいですね。

結果は…?

昨年のけいたまの誕生日のこと。首里の妻の実家でお誕生日会を開催。親族一同が集まります。もちろんメインイベントはタンカーユーエーです。子供一人が一生に一回しかできませんから、こんな貴重な機会に親族が集まらないわけがありません。仏壇の前に品を並べて準備します。みんなドキドキです。

用意が整ったところでけいたまを開放します。全員が固唾を飲んで見守ります。視線はけいたまに集中しています。そんな中でもけいたまはまったく緊張することなく(当たり前か…)出走!結果は?

迷うことなく一直線にハサミに向かいました。なぜ????

2回目はお金。
3回目は筆。
さらに…本、そろばんと続きます。赤飯には目もくれず。

タンカーユーエー

義父いわく「準備中にハサミを触ろうとするから、危ないので取り上げてたんだな。それを触っていいと思って迷わず行ったんじゃないかな。」
赤飯は「おなかがすいてないんじゃないの?」という声が多かったのですが、いやいや、赤飯を食べ物と認識してないのでは?見たことないし、食べたこともないはず。まだ離乳食だし。

美容室を手広く経営する内地の知人いわく「ハサミいうたら美容師ですわ。履歴書待ってます!」とのこと。ずいぶんと早い青田刈りだ(笑)

タンカーユーエー
筆もハサミも本も銭も全部ワテのモンやぁ!

けいたまの十日後に生まれた知人の息子さんは10分くらいかかってお金をとったそうです。次はボールだったとか。ちなみにお金は1万円札をおいたとのこと。それか!千円札だったからだめだったのか!(笑)

沖縄ならではの

ほかにも沖縄には独特の習慣がいろいろとあります。「赤ちゃん米」といって生まれたときと同じ重さのコメを袋に詰めて内祝いとして贈ります。新聞広告がしょっちゅう掲載されています。でも気になって調べてみたら、これ沖縄だけでなくて全国的にあるんですね。米屋が考えた新しいビジネスでしょうか?でも沖縄ではお中元やお歳暮、お年賀に米を贈ったりしますから、もともと贈答品と米は相性がいいんです。

生後百日は「お宮参り」でも「お食い初め」でもなくて「百日祝い」としてお祝いしたり、記念写真を撮ったりします。けいたまは生後110日くらいまでは埼玉にいたので、百日祝いはしませんでした。「お食い初め」も引っ越しの準備でそれどころじゃなかったです(^^; なので1歳の記念写真をスタジオで撮影しました。

そんなこんなでメインイベントが終了するとみんなでバースデーケーキを食べてお祝いです。けいたまは将来何になるのかな。楽しみです。

二年後、けいたまに妹ができました。「ゆうたま」です。そして一歳の誕生日がやってきました。今度は一万円札です。結果やいかに?!

こちらの記事もどうぞ: