2020年2月18日

医学ドラマとゆうたまのおむつの関係性について

ここ数年、医学ドラマが流行っている。我が家でもドクターXは定番だし、ブラックペアンも面白かった。当然、ドラマに出てくる医学用語も覚えたりする。

「インオペ」

inoperable インオペラブルの略で「手術不能」という意味である。手術を中断し、何もせずに閉じるシーンなどで出てくる台詞であるが、実際に病院で使われる場合は、ドラマと違い、かなり深刻な話になる。

お昼前、目覚めたばかりの娘のゆうたまに、搾りたての母乳を哺乳瓶で飲ませていると、ゆうたまはなにか唸りながら力んでいた。ウンチをしてるのだろう。明らかに出ている音がした。腹筋を触ってみるとものすごく緊張している。飲みながら用を足すのは如何なものかと思うが、生まれて二ヶ月少々だから仕方がない。

ゆうたま

母乳を飲み終えたゆうたまは、キョトンとした顔をしていた。ああ、そうだ。ウンチをしたのだったな。オムツをそっと開けてみる。

こ、これは…!

そこには、想定を超えた大量の便が溢れかえっていた。

無理だ。

お尻拭きも用意せず、不用意に布団の上でパンドラの箱を開けてしまったのだ。ここまで大規模におむつを浸潤した大便の処置など、無手の私ごときでは不可能である。

残念だ。

「インオペ。」

そう言って、オムツをそっと元に戻すと、見ていた妻がケラケラ笑っていた。昨晩、ゆうたまはいつになく不機嫌だった。朝五時頃まで断続的に起きては泣いていた。便秘が辛かったのか、ウンチが出てからはご機嫌のゆうたまであった。おむつは準備万端の妻が慣れた手つきで取り替えた。

こちらの記事もどうぞ: