2020年5月29日
暗渠を除く子供たち

けいたまの七五三とゆうたまの日課

けいたまの七五三

12月生まれのけいたまは現在三歳。本来はかぞえで三歳が七五三であるが、現代風に満三歳になってから詣でようと妻と決めていた。実は昨年はゆうたまが生まれたばかりで忙しく、気が付けば七五三のタイミングを逃していたのも事実である。勤務先の同僚も同じころに子供が生まれているが、やはり満三歳で七五三と話していたので、私たちも便乗することにした。

日取りは新暦でも旧暦でも11月15日が良いとされるが、そこまでは都合がつかない。11月が終わるまでに詣でればいいだろう。本日は11月25日、今月最後の日曜日である。この日を逃せば取り返しがつかないのである。前日に長崎から戻ってきたばかりであるが、疲れた体に鞭打って、那覇市内は奥武山公園内に位置する沖縄県護国神社へと向かった。ここには七五三の貸衣裳があるのだ。

休日の奥武山公園は人手でごった返しており、駐車場も満車である。だが、入口で係員に「護国神社」と伝えれば満車でも通してくれる。案内に従って奥に進むと、神社専用の駐車場がある。参拝者専用なので、さほど混んでいなかった。空には区切り線のような一本の飛行機雲がすーっと伸びていた。

沖縄県護国神社駐車場からの眺め

車を降りて神社二階の待合室に進む。広い和室だ。ここで衣装を借りて順番を待つ。大人気だ。30分ほど時間をつぶす。同世代の子どもたちを持つ家族連れが何組もいる。騒ぎたい盛りの子どもたちだ。特に男の子は周囲を気にせず、我が物顔で走り回っては親に叱られている。特に両親がどう見ても元ヤンキーの家族は、怒りっぷりがかなり粗暴である。見ていて気分がいいものではない。動物を鞭で調教するような所業を躾とは呼ばないだろう。子どもたちは人間だ。

待合汁

順番が来た。隣の別室でスタッフが着付けをしてくれる。けいたまは赤い着物をセレクトした。馬子にも衣裳とはまさにこのこと。初めて履くであろう草履を不思議そうに触っている。親ばかの私と妻は、あまりの可愛さにもうメロメロである。

けいたま七五三衣装

祈願の申込みを済ませると、待合室で少々休憩。その後、名前を呼ばれると神殿に向かう。慣れない草履に足元を確かめながら歩くけいたま。

神殿に向かう

祈願を待つけいたま。神妙な面持ちである。髪型もかわいい。

祈願待ち

無事に祈願が済むと、文具セットと千歳飴をいただく。けいたまはミリオンの定規セットを選択した。あとは境内で記念撮影である。妻が草履を履き直させる。

境内

衣装を着て境内を走り回るけいたまを撮影しまくる。うーん、焦点がなかなか合わない。LUMIXのコンデジはオートフォーカスの性能がいまいちである。焦点が合うのが遅いし、ピンボケも少なくない。ソニーでも同様だろうか。いや、私の腕が悪いのであろう。一眼レフを使う手もあるのだが、重いし大きいので携帯に向かない。若い頃は時間も体力もあったのでそれでもよかったが、時間もなく体力も衰えた五十路には、一眼レフを振り回すのは重労働なのである。カメラは手のひらサイズに限るのである。

けいたま

この後、貸衣装を返すためにお着替えをしようとしたら、けいたまが全力で拒否。激しく泣き出した。暴れ出した。よほどこの服が気に入ったらしい。運動会の時もエイサーの衣装を脱ぐときに泣いていた。私も妻もファッションにはほとんど興味がないが、けいたまはおしゃれなのだ。

毎朝、保育園に行くときも何を着ていくか悩むので、たまにイラついた妻に怒られていた。おしゃれは悪いことではないし、三歳児では時間を守る概念がいまいち理解できないから、さすがにかわいそうなのである。怒ると泣き出したり言い合いになって、時間もかかるしストレスもたまる。黙って見守っていた方が効率的なのである。急がば回れなのである。それで最近は妻も考えを変えて、一緒に服を選ぶことにしたらしい。

「これは今晩、夢に見そうだね。」

スタッフが笑いながら大泣きするけいたまを眺めている。さすがに普段から子ども相手をしているだけあって達観している。結局、一時間後に着替えが済んだのであった。

定規セットは気に入ったらしいが、甘いものはチョコレートしか食べないけいたまは千歳飴をガン無視。ああ、どうやって始末しようかな…かつては贅沢品であった甘いものも、現代では糖質として健康の敵にみなされているのである。

ゆうたまの日課

翌日、天気は晴れ。家族で保育園まで登園である。細い路地の暗渠が気になるゆうたま。真似して一緒にのぞき込むお姉さまのけいたま。

暗渠を監視する二人

この路地には何か所も鉄網が一定間隔に配置されている。数メートル歩いては、暗渠を流れる水を不思議そうに眺めているゆうたまと、釣られてのぞき込むけいたま。姉妹である。かわいい。今までも、けいたまはバナナの監視や石敢當のチェックを日課としてきた。複数種のアイテムに興味が行くことはないが、対象は定期的に変わる。

本日のパトロールも済んで、無事に登園しましたとさ。

こちらの記事もどうぞ: