2021年4月23日

出張みやげと公園の日曜日

出張の楽しみ

秋田と仙台への出張で買ったお土産は下記の通りである。

  • 牛タン
  • ウド
  • コシアブラ
  • タラの芽
  • 稲庭うどん
  • 白石スープ温麺

帰宅した当日はたいがい疲れていて、みやげをご飯にする気力も体力もない。先週はゆうたまが風邪からの中耳炎で、発熱と咳と鼻水。熱は38度までは上がらなかったので大したことはないが、鼻水がひどくて保育園はずっとおやすみ。妻は育児に手一杯で家事まではやりきれない。

どんなに疲れて帰っても、育児と家事には休みがないから、荒れ放題の家の中を片付ける。リビングに散乱するおもちゃをしまう。溜まった洗い物を食洗機に入れる。洗濯だけは妻が済ませていた。その後、みんなで買い物に行く。天気が悪くて家にこもってきた子供たちは大喜びだ。スーパーではイラブチャーが半額で売っていた。リアル青魚である。

買い物を終えると、公園に行かずにまっすぐ家に帰ったから、けいたまはとっても不機嫌だ。一緒にお風呂に入って、シャワーが大嫌いなゆうたまにシャワーを浴びせる。ギャン泣きだ。気にせずに体と頭をそそくさと洗う。けいたまは風呂桶の中ですっ転んで、頭をぶつけて泣いていた。浴槽がぬめっていたのだ。

二人とも洗い終えたら妻に引き渡し、私はそのまま風呂掃除だ。浴槽と床を食器用洗剤で洗う。念入りに洗い、シャワーボトルのカビを落とす。これなら明日はけいたまも浴槽に入ることができるだろう。沖縄にはお湯に浸かる習慣がない。風呂には追い炊き可能もない。気候が高温多湿なので生活はカビとの戦いである。

ここで力尽きた私は夕食の準備を手抜きした。焼肉サラダに妻が作った鶏肉の煮物、サンマ塩焼き等、普通のもので済ませたのだった。

日曜ランチ

名古屋で土産に買った山本屋総本店の煮込みうどんを見つけた。賞味期限を一ヶ月近く過ぎているが、うどんなんてそうそう傷むものでなし、きっと食べられると、舐めていた私に突きつけられたのはカビたうどん。

マジですか?

なまものは 早く食べなきゃ カビ生える

気を取り直して代替品を探る。冷凍庫に讃岐うどんを見つけた。これを使おう。冷蔵庫の野菜と鶏肉、内地で買った三つ葉をトッピングしてできあがり。なかなかの好評でした。

神里ふれあい公園

天気がいいので、地図で見つけた公園に行ってみる。神里ふれあい公園。大きな公園なのだが、駐車場がない。路駐するにも、公園沿いの道幅が狭く、軽でなければ停められない。幸い、一台分の駐車スペースが空いていて、車を停めることができた。

公園には大きな滑り台があった。近所の子供たちが数名遊んでいた。これだけ大きいとけいたまも遊び甲斐があるだろう。

大きな滑り台の向こうには、小さな滑り台といくつかのスプリング遊具が置いてある。子供が乗るとバネで前後左右に揺らすことができる遊具をスプリング遊具と呼ぶそうだ。

けいたまはさっそく大きな滑り台にチャレンジだ。大喜びである。人が少ないからたっぷり遊べる。雲行きが少々怪しいが、雨が降ることはないだろう。

ゆうたまも滑り台に大喜び。だけどね、滑り台は滑るから滑り台と呼ぶのであって、登るものじゃないんだよ。滑り台の遊び方を誓いしていないゆうたまを、けいたまが見守る。妻に寄れば、ゆうたまは保育園でも滑り台をいつもよじ登っているそうだ。

スプリング用具にご満悦のけいたま。だんだんと雲が晴れて、強い日差しが戻ってきた。

ゆうたまに帽子をかぶせて、姉妹で遊ぶ。ゆうたまはすっかりお姉ちゃんだ。いつもゆうたまを気遣っている。その割には平気で踏みつけていたりするが、故意ではないから仕方がない。まだ気が回らないのだ。三歳児なのだ。

たっぷり遊んで、買い物を済ませて帰宅した。駐車場がないのが難点だが、それゆえに利用者が少ないので、穴場かもしれない。

そして晩御飯

いよいよ秋田仙台土産の出番である。タラの芽のお浸し酢味噌仕立て、生ウドのカラシ酢味噌に厚切り牛タン焼き。けいたまもゆうたまも牛タンは大好きだ。癖のある山菜は妻の大好物だ。秋田で食べたタラの芽のおひたし、熊本で食べた生ウド酢味噌を再現したのだ。

コシアブラは天ぷらにする。蕎麦屋のよりは衣が軽くてサクサクだと思う。これも大人の楽しみ。子供達に山菜はまだ早い。苦くて食べれないはずだ。

家族でお土産を味わう充実した夕食で盛り上がったのだった。

こちらの記事もどうぞ: