2021年3月8日
鯛の煮つけ

我が家の食卓とこどもたちの早寝早起き

六日ぶりの我が家

北海道→富山→加古川→沖縄とようやく出張から家に戻った。ゆうたまは保育園が午後一時までに延長された。慣らし保育は順調である。自宅に戻ると妻がランチの準備をしてくれた。

自宅で食べるご飯が一番ホッとする。

カブと手羽元の煮物
カブと手羽元の煮物

夜は煮物にしよう。近所のスーパーに買い物に行くと、蕪の訳あり品が売っていた。厚揚げと練り物、こんにゃく、それと鯛の身とカブトを買って自宅に戻る。圧力鍋をフル活用だ。二倍の濃さのだし汁を作り、電気圧力鍋には練り物系を、ガス圧力鍋には鳥の手羽元と蕪の実と葉っぱを入れて加熱。時間が経ったら火を消して放置。美味しい煮物の出来上がりだ。

鯛はフライパンに生姜スライスと醤油、みりん、酒を1:2:3の比率で加え、強火で加熱する。鯛の身はよく洗ってからお湯を回し掛けて霜降りにする。調味料が沸騰したら身を入れてフタをする。五分で煮付けの完成だ。あ、豆腐や野菜を入れればよかった。

厚揚げ、こんにゃく、練り物と根菜の煮物
厚揚げ、こんにゃく、練り物と根菜の煮物

いつもより早くけいたまを保育園に迎えに行く。私が家にいるので、妻はゆうたまを置いて迎えに行った。家に帰る車の中で、ゆうたまがいないと慌てるけいたま。そう、いつもは妻がゆうたまを連れてお迎えに行くのだ。すっかり世話焼きさんのけいたまであった。

自宅に戻ってくると、けいたまは私の顔を見てにっこり。家に奥にゆうたまがいるのを見つけて、安心したようだ。晩御飯は魚を一人でほとんど食べてしまった。ご飯をがっつくけいたまを見て、妻がポツリと言った。

タイの煮つけ
タイの煮つけ

「私のご飯とは食べっぷりがちがうなあ。パパが家にいると食卓が華やかだ。」

みんなで食べましょう。

早寝早起きと妻の夜なべ

いつもより一時間早くけいたまを保育園に迎えに行った。ご飯も一時間早く食べたので、寝るのもいつもより早かった。みんなで午後九時に布団に入った。眠るのが嫌で、すねたり怒ったりしていたけいたまも、午後十時には寝てしまった。

かわいい。

私はけいたまの相手をしながらうつらうつらしていた。午後十時半頃に起きて、家の中の片付けをする。食器を洗って、洗濯物を干して一段落。そろそろ寝ようと思った午前零時半頃、妻が起きてきた。クリスマスプレゼントを入れるカバンを縫うのだという。入れ替わりに私は寝た。

朝六時、妻はまだ起きていた。けいたまもいつもより早く目覚めた。お腹が空いたと騒ぎ出す。こんな時に限ってご飯ができるのが遅い。ようやく食卓の準備ができて、けいたまを椅子に座らせるといつもの三倍早く食べだした。

うわあ。

早く起きると、お腹が空くのも早いから、こんなにさっさとご飯を食べるんだ。やっぱり早寝早起きが大事だねと、妻と顔を見合わせたのだった。朝の準備をして保育園に二人を送ってきた妻を昼まで眠らせる。家事は私が全部済ませておいた。

こちらの記事もどうぞ:

    今日も出張 昨晩は沖縄の取引先との忘年会。飲みすぎた。寝不足で二日酔いの今朝の私は役立たずだ。けいたまとゆうたまをあや…

    みんなで登園

    天気のいい日…いや、天気が悪くない日、雨が降っていない日の朝は、歩いて保育園に向かう。最近、外で歩くようになったゆうた…

    自家製海鮮丼 北海道食材 うに たこ

    道の駅 花ロードえにわ 北海道への出張の楽しみは、食材の調達である。野菜、肉、魚。沖縄では金を払っても手に入らないもの…

    テレビを見るゆうたま

    「けいちゃんが吐いた。」 なんだか妻が傷んだ食材で作ったものを食べさせてしまったようだ。土曜日の夜に食べたものをすべて…

    翼と青空

    長崎から自宅に戻り、一泊の滞在。たかが一泊、されど一泊。日曜日なので、けいたまたちはおうちにいた。妻と一緒に空港まで迎…