2021年3月3日

妊娠26週目 ~妻の入院、頸管長短縮~

妻が入院した。妊娠六ヶ月の定期検診で頸管長が20ミリしかない、短いと言われ、点滴を打って帰宅した。入院を決める診断まで5日間。絶対安静にして、ゆらゆら体操もして、骨盤サポーターもした。言い換えれば、すべてサボっていたともいえる。

前の出産でも頸管長短縮で1カ月半ほど入院した。しかし、努力の甲斐もむなしく、入院に。予定期間は一か月だが、わからない。下手すると2か月になる。まだ25週なので、最低でも32週、いや36週かもなどと、病院では言われた。

2回目のけいたまと二人きり。保育園に迎えに行き、ご飯を作って一緒に食べる。片づけをして風呂に入り、絵本を読んで寝かしつける。なにも問題はない。問題があるとすれば、ママのことを一切気にしないけいたま、私のことをママと呼ぶけいたま。

けいたまは小さい頃から私のことをママと言っていた。もちろん、パパとも呼ぶ。二歳児なら母親がいなければ「ママ~!」とギャン泣きしても不思議ではないのだが、けいたまはそれが一切ない。

けいたま二歳

実はこの三ヶ月ほど、出張続きでけいたまと顔を会わす機会が減ったために、けいたまはママべったりになっていた。それがこの三日間、妻が絶対安静のために、私が家事と育児をすべてしたためか、けいたまは私にべったりになった。寝るときも妻の部屋には行かず、私の布団で寝ていた。けいたまはママを案外、雑に扱うので妻は面白くない。二歳児にして女同士の戦いだろうか。

夜中にウンチをしたので、ぐずるけいたまを風呂場に連れて行き、お尻をシャワーで洗って綺麗にしてオムツを替えたら、スヤスヤ眠った。

今朝、いつもより早くおきたけいたまは、朝ごはんに味噌汁とそうめん、豆腐を食べた。いつも朝はなかなか食べないのだが、そうめんが食べやすいらしい。うどんは喉に詰まらせることがあるので、イヤみたいだ。ラーメンと蕎麦は大好きだ。歯を磨いて、お着替えして、準備完了。予定よりも15分早く、家を出ることができた。

こちらの記事もどうぞ: