2021年3月3日
寝起きのけいたま

今日から2月 妻は入院中 けいたまと親子二人

早いもので2018年も一ヶ月が過ぎた。今日から2月だ。ここ何日かあまり寝ていない。4日前から妻が切迫流産で入院した。病院では24時間点滴を打たれ、行動範囲は入院している部屋のあるフロアのみ。売店にも行けない。風呂は月水金のみ。妻は、二日ぶりに風呂に入れて、こんなにも気持ちがいいものかと感動したと話していた。

私は朝六時半に起き、朝の支度をしてからけいたまを起こす。テレビをつけ、けいたまを布団から持ち上げて居間に転がすと、15分ほどで目を覚ます。

「おはよー。」

愛らしい笑顔に癒される。とりあえずヤクルトか野菜ジュースを飲ませる。7時45分から朝食。けいたまは朝はあまり食欲がないので、豆腐の味噌汁にゆでたそうめんをひとつまみ。10本ほど入れる。豆腐大好き、細い麺類も大好きなけいたまはパクパク食べる。実は納豆とお魚も大好きだ。ご飯は好きではない。

野菜ジュースを飲むけいたま

二歳のイヤイヤ期は子育ての最初の壁だが、ダメダメ言うより、コップにスプーンを突っ込もうが、嫌いなものをほん投げようが、ニコニコしながら「だめだよー。」と話しかけると、ご機嫌でご飯をパクパク食べる。食いつきが悪くなったら「ごちそうさまー?」と声をかける。けいたまは手を合わせ、私に向かって「たー。」と言う。かわいい。

昨晩は野菜と鶏胸肉の和風煮込みに春雨をいれたもの。けいたまはがっつり食べた。野菜も食べた。食事の様子を撮って妻に送った。

「えー?なんでご飯食べながら、こんなに笑ってるの?」

もう、手づかみで肉を食らう、箸で皿を叩いて盛り上がる、春雨をつかんで上から口に入れる。りんごは床に投げつける。やりたい放題。気にしない。テレビも消してるから、けいたまと二人でお話ししながら楽しい食事。

ひとくち食べるたびに「おいしー!」
麦茶を飲むたびに「おいしー!」

かわいすぎる。

親バカですが、なにか。

けいたまは相変わらずママが家にいないことを気にしない。今日からの出張のために、昨晩はご飯もお風呂も済ませてから、義母のところにけいたまを連れて行った。私を見るなり義父が言った。

「大変なことになったな!働きながらお互い育児だ。せっかくだから楽しもうぜい!二、三ヶ月くらい、孫の面倒は見るから、安心して仕事してこい!」

頼もしい限りである。感謝しかない。

別れ際、けいたまが泣くかと思いや、私に向かって「バイバイ」と手を振ると、さっさと部屋に引っ込んでしまった。

ま、いいか。

義母にiPadを渡したのはいいが、YouTubeでアンパンマンの子守唄を再生できるかが気がかりだ。

なので、毎日、午後10時にけいたまを寝かしつけて一緒に寝落ち。1時間後に起きて、晩酌しながら片付けや仕事をしてると、あっという間に午前2時。慌てて寝て、朝は6時起き。

眠い。

上の子たちが小さいときも、同じような生活をしていたことを思い出した。

こちらの記事もどうぞ:

    みんなで登園

    天気のいい日…いや、天気が悪くない日、雨が降っていない日の朝は、歩いて保育園に向かう。最近、外で歩くようになったゆうた…

    テレビを見るゆうたま

    「けいちゃんが吐いた。」 なんだか妻が傷んだ食材で作ったものを食べさせてしまったようだ。土曜日の夜に食べたものをすべて…

    けいたまとゆうたま

    あと一週間で2019年も終わりである。天気がいい日は保育園までお散歩だ。大人がまっすぐ歩けば7~8分の道のりも、子供た…

    ゆうたま生後二週間

    妹のゆうたまが家に来て二週間。今までお姫様扱いされていたのにライバルが出現して、けいたまは面白くない。特にママはおっぱ…

    けいたまの体温が四十度を突破した。それでも昨日はまだ元気でご飯も食べた。写真を見ると顔が真っ赤で可哀想だ。ゆうたまは自…