2021年3月3日

冬の那覇から福岡まで機窓からの景色

飛行機に乗るときは、できるだけ窓側に座るようにしている。パノラマのような風景を眺めるのが好きなのだ。

長島 鹿児島県

鹿児島県出水市のお隣、長島である。タコが有名だったような。一度だけ行ったことがある。海産物を買いに行ったが、残念ながら天気が悪く、タコと貝しか売っていなかった。

島原半島 雲仙岳

島原半島と雲仙岳。手前が橘湾、奥が有明海である。雲仙岳から扇状に広がる台地がよくわかる。

諫早湾

諫早湾。大問題になった干拓事業である。堤防の内側が土色になっている部分は、海面が外の海よりも1m低くなるように調整されていて、防災上は非常に重要な役割を果たしているそうだ。海面が低いので、大雨でも大量の雨水が海に流れこむそうである。堤防ができる以前が水浸し、つまり床下浸水がたびたび起きていたと、長崎県の資料にかいてあった。

唐津湾 高島

だんだんと福岡に近づいてきた。飛行機は玄界灘に抜け、眼下に唐津湾が見てる。中央の島は高島である。宝くじが当たるご利益があることで有名な宝当神社のある島だ。右側の湾に沿った緑色の部分が虹の松原だ。

こちらの記事もどうぞ: